シンガポールにおける「エボリュー™」プラント起工式開催について

2013年5月22日
株式会社プライムポリマー

株式会社プライムポリマー(本社:東京都港区、社長:大多和 保彦、以下「プライムポリマー」)のグループ会社プライムエボリューシンガポール社(以下EVLS)が、本日、メタロセン系ポリマー「エボリュー™」の新設プラントの起工式を行いましたので、お知らせいたします。
式典には、シンガポール経済開発庁エネルギー・化学部門のユージーン・レオン局長および関係各位のご列席を頂いております。新設プラントの概要は以下のとおりです。

<新設計画の概要>

1. 製品: メタロセンポリマー「エボリュー™」
2. 立地: シンガポール共和国 ジュロン島 テンブス地区
3. 設備能力: 30万t/年
4. 採用技術: 三井化学(株)のライセンスによるメタロセン触媒を用いた気相2段重合プロセス
5. スケジュール: 着工2013年5月、完工2014年12月、営業運転開始2015年春

「エボリュー™」は、高強度・密封性・低臭気・低フィッシュアイ・ヒートシール性に優れ、液物包装やパウダー包装などに求められる高機能シーラント用材料として、アジア市場での急速な拡大が見込まれます。本プラント完成後は、日本国内(市原工場)と合わせて、当社グループの「エボリュー™」生産能力は55万t/年となります。

本プラントの新設により、日本を含むアジアトップのポジションを確固たるものにし、「エボリュー™」事業の更なる強化・拡大を図って参ります。また、本プロジェクトを通じてシンガポールの化学産業の発展に貢献出来ると確信しております。

今回の起工式開催にあたり、ユージーン・レオン局長より以下のコメントを頂いております。
「今回のプライムポリマーの選択のように、インフラが整い、安定的に原材料を入手できるシンガポールは、アジアの成長を重視し、顧客ニーズへの対応や新規ビジネスの創出に関心を持っているリーディング企業にとって、最高の立地です。本プロジェクトが立ち上がれば、エボリューのグローバルビジネスの約半分をシンガポール生産品が占めることになります。今回プライムポリマーが、エボリューのアジアでのビジネスをより拡大させるための拠点として、シンガポールを選んでくれたことを大変嬉しく思います。」

当社は、高機能製品の海外展開加速を成長戦略として掲げており、メタロセンポリマー「エボリュー™」をその中核事業に位置付けています。シンガポールに最新鋭の製造技術を駆使した世界最大規模のメタロセンポリマー製造装置を新設することにより、急速に拡大するアジア需要に応え、アジアトップメーカーの地位を更に強化して参ります。

<ご参考:EVLSの概要>

1. 社名: Prime Evolue Singapore Pte.Ltd.
2. 主な事業内容: メタロセンポリマー「エボリュー™」の製造・販売
3. 設立: 2012年10月
4. 所在地: シンガポール共和国
5. 出資者: (株)プライムポリマー 80%、三井物産(株) 20%
6. 資本金: 115百万USD

以上

本リリースに関するお問い合わせ先

株式会社プライムポリマー
企画管理部 経営企画グループ
TEL:03-6253-4520

シンガポールにおける「エボリュー™」プラント起工式開催について (PDF:95KB)pdfファイルを開く