千葉フェノール株式会社のフェノールプラント停止について

2014年2月6日
三井化学株式会社
出光興産株式会社

三井化学株式会社(本社:東京都港区、社長:田中 稔一、以下三井化学)、出光興産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:月岡 隆、以下出光興産)は共同出資する千葉フェノール株式会社(以下「CPH」)のフェノールプラントの停止を決定いたしました。

フェノールは、国内需要の減少、アジアでの設備新増設による供給過剰で輸出採算が悪化し、稼働率の低下を余儀なくされ、抜本的な事業構造改革が両社喫緊の課題となっております。

このような環境下、CPHの運営に関して両社間にて協議を重ねた結果、2014年9月30日を目途に停止することに合意いたしました。

今後、三井化学は自社で製造するフェノールを出光興産に供給いたします。両社はそれぞれのフェノール・チェーンでより一層のコスト競争力強化を図ってまいります。

<CPHの概要>

1. 設立 1990年9月
2. 営業運転 1993年6月
3. 出資比率 三井化学 55%、出光興産 45%
4. 資本金 3 億円
5. 事業目的 フェノールおよびアセトンの製造および両親会社向け販売
6. 設備能力 フェノール25万t/年、アセトン8万t/年
7. 立地 出光興産 千葉工場内

以上

本件に関するお問い合わせ先

三井化学株式会社 IR・広報部TEL:03-6253-2100
出光興産株式会社 広報CSR室広報課TEL:03-3213-3115

千葉フェノール株式会社のフェノールプラント停止について (PDF:121KB)pdfファイルを開く