三井化学の歯科材料事業に対する
日本政策投資銀行の資本参加について

2014年3月24日
三井化学株式会社
株式会社日本政策投資銀行

三井化学株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中稔一、以下「三井化学」)及び株式会社日本政策投資銀行(本店:東京都千代田区、代表取締役社長:橋本徹、以下「DBJ」)は、三井化学が保有するエムシーデンタルホールディングスインターナショナル合同会社(以下「MCDHI」)の社員持分の一部譲渡について、本日契約を締結しましたので、お知らせいたします。

MCDHIは、三井化学が2013年にドイツHeraeus Holding GmbHグループ歯科材料事業会社(以下「Heraeus Kulzer」)買収に際して日本に設立した持株会社です。今般、MCDHI総社員持分の19.99%を三井化学がDBJに譲渡することにより、DBJは三井化学がグローバル展開するHeraeus Kulzerに資本参加することとなります。

三井化学グループは、今後もHeraeus Kulzerのグローバルな事業基盤をベースに、歯科材料事業の更なる拡大・成長を図り、成長性と永続性を実現する事業ポートフォリオの構築にスピードを上げて取り組んでまいります。

DBJは、「競争力強化ファンド」を活用した本件資本参加により、三井化学の成長戦略に則った新たな事業展開をサポートするとともに、わが国ヘルスケア産業の競争力強化に貢献してまいります。

以上

本件に関するお問い合わせ先

三井化学株式会社 IR・広報部TEL:03-6253-2100
DBJ 経営企画部 広報・CSR室TEL:03-3244-1180

三井化学の歯科材料事業に対する日本政策投資銀行の資本参加について (PDF : 78KB)pdfファイルを開く