2016年4月全社組織改正について

2016年2月19日
三井化学株式会社

三井化学株式会社(社長:淡輪敏)は、2016年4月1日付にて、下記のとおり全社組織改正を行います。

1. 組織改正の目的

(1)
14中期経営計画(14中計)全社基本戦略の更なる推進を目的に「事業領域(ヘルスケア、モビリティ、フード&パッケージング、基盤素材)」に則した事業本部体制を確立し、中計戦略と開示セグメント、組織の整合等、内外に対するわかりやすさを示すと共に、各事業間の更なるシナジーを追求する。
(2)
新規事業開発関連組織を上記事業領域に呼応した組織体制とし、14中計全社基本戦略「新事業・新製品創出戦略」の確実な実行を図る。

2. 組織改正の内容

(1) ヘルスケア事業本部(ヘルスケア戦略)

「ヘルスケア材料事業部」のメディカル材料事業と「基礎化学品事業本部精密化学品事業部」の一部事業(化成品等)を統合し、「パーソナルケア材料事業部」を新設する。
上記①に伴い、ヘルスケア材料事業部はビジョンケア事業に特化することとし「ビジョンケア材料事業部」に改称する。

(2) モビリティ事業本部(モビリティ戦略)

機能樹脂事業本部を「モビリティ事業本部」に改称する。
モビリティ事業本部内にPP海外コンパウンド事業を所管する「コンパウンド管理室」を新設する。これにより、現在、石化事業本部が所管するPP海外コンパウンド事業をモビリティ事業本部所管に移行する。

(3) フード&パッケージング事業本部(フード&パッケージング戦略)

フード&パッケージング領域の事業を本部組織に編成し、「フード&パッケージング事業本部」とする。
フード&パッケージング事業本部内の組織は、「コーティング・機能材事業部」、「三井化学東セロ(株)」、「三井化学アグロ(株)」及び「企画管理部(現フード&パッケージング室からの名称変更)」とする。

(4) 基盤素材事業本部(基盤素材戦略)

基礎化学品事業本部、石化事業本部及びMitsui Chemicals & SKC Polyurethanesを再編し、「基盤素材事業本部」とする。
基礎化学品事業本部精密化学品事業部の事業を「工業薬品事業部」、「コーティング・機能材事業部」及び「パーソナルケア材料事業部」にそれぞれ移管し、精密化学品事業部を廃止する。

※上記(3)、(4)に伴い、ウレタン事業本部を廃止する。

(5) 研究開発(新事業・新製品創出戦略)

新自動車材開発室を「新モビリティ事業開発室」に、新HC事業開発室を「新ヘルスケア事業開発室」に改称する。
環境・エネルギー事業推進室の機能を再編し「次世代事業開発室」に改称する。
更なる市場拡大が見込まれるロボット材料分野における新規製品の開発による新事業の創出とビジネスモデルの構築を推進するため、「ロボット材料事業開発室」を新設する。

※改正後の全社組織一覧については、別紙をご参照下さい。


[別紙]

(改正前:2016年3月31日まで)本社部レベル以上の組織

(改正後:2016年4月1日より)本社部レベル以上の組織

以上

本件に関するお問い合わせ先

三井化学株式会社 コーポレートコミュニケーション部TEL: 03-6253-2100

2016年4月全社組織改正について (PDF:114.7KB)pdfファイルを開く
[別紙] 組織改正図 (PDF:232KB)pdfファイルを開く