京葉地区化学メーカーによる小口製品共同物流について

2016年10月25日
三井化学株式会社

三井化学株式会社(本社:東京都港区、社長:淡輪 敏)は、今秋より千葉県京葉地区に工場を持つ企業と共同物流を開始します。
参加する企業は当社、出光興産株式会社、東レ株式会社、JSR株式会社、株式会社プライムポリマー、三井・デュポン ポリケミカル株式会社です。

近年、深刻化するドライバー不足と通販需要増加を背景に、長距離小口化学品の輸送能力の安定確保は荷主企業に共通する喫緊の課題となっています。
今まで長距離小口化学品輸送は一般貨物との混載で複数の積替え拠点を経由していましたが、小口化学品を参加会社の工場から集荷した後、配送拠点までの幹線輸送と配送拠点から各社顧客までの配送を集約することで、より専門的・効率的な輸送を目指します。また、積載率の向上によりCO2削減が期待され環境に優しい化学品物流を推進することができます。

今回は東北エリアを対象とし、幹事物流会社にサンネット物流株式会社(本社:千葉県市原市、社長:本多 昇)を起用しますが、今後は他のエリアについても参加会社を募りながら展開を図っていく構想です。

当社は今後も当社製品の高品質且つ効率的な輸送を追求し、顧客への安全・安定供給に努めてまいります。

以上

本件に関するお問い合わせ先

三井化学株式会社 コーポレートコミュニケーション部TEL:03-6253-2100

京葉地区化学メーカーによる小口製品共同物流について (PDF : 326KB)pdfファイルを開く