AdBlue®

AdBlue®は、尿素SCRシステム搭載したディーゼルエンジン車にて使用され、排出ガス中に含まれる窒素酸化物(NOx)を低減する「高品位尿素水」です。

尿素SCRシステム

AdBlue®がディーゼル車の窒素酸化物(NOx)の低減技術「尿素SCRシステム」で、どのように使用されているのかをご説明します。

尿素SCRシステム内部の化学反応

まずAdBlue®を二酸化炭素とアンモニアに分解し、分解されたアンモニアと窒素酸化物を還元反応することにより、窒素酸化物を水と窒素に分解します。

尿素SCRシステム内部の化学反応

窒素酸化物(NOx)の低減技術「尿素SCRシステム」

NOxにAdBlue®を混合すると、無害な水と窒素に分解されることから、エンジン内での超高圧燃料噴射とエンジン回転数に対応して、AdBlue®を適切な量とタイミングで添加します。
触媒にAdBlue®を添加することで、超高圧燃料噴射システムで増加するNOxを低減することができます。

「尿素SCRシステム」搭載車両について

現在のところ日本国内では、UDトラックス株式会社、三菱ふそうトラック・バス株式会社、日野自動車株式会社、いすゞ自動車株式会社がSCRシステムを搭載したディーゼル車を製造・販売致しています。
詳細は各社のホームページを御参照下さい。

対応車両の紹介

AdBlue®(アドブルー® )はドイツ自動車工業会(VDA)の登録商標です。

  • 「お問い合わせ」各種お問い合わせはこちらからお願いします。

最新のAdobe Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

  • Get Adobe Reader