ケミパール®
ポリオレフィン水性ディスパージョン

ポリオレフィンを独自の技術で水性ディスパージョン化。ソープフリー型で環境にも配慮しています。(一部銘柄、新規開発品を除く)

  • 耐摩耗性
  • 滑り性
  • アンチブロッキング性
  • 塗工性
  • ヒートシール性
  • 食品衛生性

概要

  • 当社独自の乳化方法で得たオレフィン樹脂の水分散体です。
  • 塩素や溶剤を一切含みません。
  • 各種基材への密着性に優れており、接着剤、プライマーとしてご使用できます。

物性表

用途例

塗装用プライマー



ケミパールEV、ET、EP、XHP
※XHP-400に関しては、下記詳細をご覧下さい。

金属とのヒートシール



ケミパールEP501H+α
※詳細は下記をご覧ください。

オレフィン系素材のヒートシール



ケミパールEP、XHP
※XHP-400に関しては、下記詳細をご覧下さい。

紙、不織布、繊維の接着用プライマー / ヒートシール



ケミパールEV、ET、EP、XHP
※XHP-400に関しては、下記詳細をご覧下さい。

EP501H:PP-異種基材間のヒートシール材

EP501Hのヒートシール強度

※配合詳細は別途お問い合わせください

評価条件

塗工厚み:3µm
乾燥条件:150℃ × 30秒
ヒートシール条件:200℃ × 2sec(CPP / CPPのみ: 150℃ × 5sec)
加重:1 kg / cm2
ヒートシール後24時間室温放置してピール強度測定

XHP-400:各種プラスチック基材に対する密着性

評価条件

塗工厚み:10µm
温度:80℃ × 30 分
試験法:10 × 10 (1mm幅) 100マス碁盤目試験(セロテープ剥離)
測定条件:塗工乾燥後、1日以上室温放置して測定

○ : ハガレなし × : ハガレあり

PET:ポリエチレンテレフタレート
PS :ポリスチレン
PES:ポリエーテルスルホン

PBT:ポリブチレンテレフタレート
PPE:変性ポリフェニレンエーテル
POM:ポリアセタール

PC :ポリカーボネート
PPS:ポリフェニレンスルフィド
ガラス:JIS_R3202

  • 「お問い合わせ」各種お問い合わせはこちらからお願いします。

最新のAdobe Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

  • Get Adobe Reader