コーティング用途
コーティング用ポリウレタン

2液型

概要

主剤のポリオールと硬化剤のポリイソシアネートを使用時に混合する常温硬化型樹脂です。使用するポリオールには、分子内に水酸基を有するアクリルポリオール、ポリエステルポリオール、ポリエーテルポリオールなどがあります。

ポリイソシアネートプレポリマーには使用する原料イソシアネートによりTDI系、MDI系、XDI系、IPDI系、HDI系などがあります。その中で、一般にTDI、MDIなど芳香族イソシアネート系のものは紫外線によって黄変しやすく、使用用途が制限される場合がありますが、XDI、IPDI、HDI系のものは黄変しにくい特徴があります。 各種ポリオールとの組み合わせにより硬化性、密着性、柔軟性などの諸物性を自由に変化させることができ、塗料、接着剤をはじめ多種多様の用途に使用されます。

一般タイプ

一般タイプはTDIアダクトタイプで、各種ポリオールと組み合わせて、木工、建築、インキバインダーなど幅広い分野で活用されています。

速乾タイプ

TDIの重合体で、一般タイプと比較して速乾型です。速乾タイプには、乾燥性の速度に応じて各種グレードを用意しております。また、可とう性を重視したタイプや、アクリルなどの主剤との相溶性を向上させたタイプ、耐候性を上げたタイプなどもご用意しております。

無黄変タイプ

自動車用、建築外装用など耐候性が特に要求される分野においては、無黄変性のポリイソシアネートが使用されます。無黄変タイプには、XDI系、IPDI系、HDI系、などがあり、硬化性、物性などに応じて選択することができます。また、環境対応型といたしまして、貧溶剤でも溶解するタイプや、ハイソリッドで使用するための低粘度硬化剤などもご用意しております。

水分散可能タイプ

タケネートWDシリーズは、ポリイソシアネート化合物にノニオン性の親水性基を付与することにより容易に水に分散するソープフリー型水分散性ポリイソシアネートです。室温において水中で活性水素基と反応し、架橋構造を形成することができます。タケラックシリーズやその他アクリル樹脂などとの組み合わせにより架橋構造を形成し、耐水性、耐薬品性、基材との密着性が向上します。

ポリオール

ポリエステルポリオール、アクリルポリオールなど、分子中に複数個の水酸基をもった化合物です。水酸基はイソシアネート基と反応して、ウレタン結合をつくります。その他特殊グレードとしてポリオレフィンに対して密着性のよい樹脂や、樹脂中に強親水性スルフォベタイン基を含有し、一般に分散することが難しい金属超微粒子を分散させることが可能な樹脂も提供しております。

  • 「お問い合わせ」各種お問い合わせはこちらからお願いします。

最新のAdobe Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

  • Get Adobe Reader