中国上海におけるミラストマー™及びアドマー™コンパウンド工場の営業運転開始について

2015年3月16日
三井化学株式会社

三井化学株式会社(東京都港区、社長:淡輪 敏)は、2012年10月中国上海市にミラストマー™およびアドマー™を製造・販売する「三井化学功能複合塑料(上海)有限公司」(中国上海市金山区、董事長:下郡 孝義、以下:MFS)を設立し、プラント建設を進めてまいりました。この度、2015年3月に営業運転を開始しましたのでお知らせいたします。

MFSは、拡大する中国の自動車及び包装市場に対応し、需要を獲得するため、華東地区を拠点とし、将来的には、同地区における当社グループ全体のコンパウンド拠点としての役割を果たしていきます。

三井化学グループは、本工場の稼働開始により、高品質の製品を供給する製造・販売・技術サービスを拡充し、更なるコンパウンド事業の強化・拡大を積極的に進めてまいります。


MFS工場外観

MFSの概要

(1)社名 三井化学功能複合塑料(上海)有限公司
(2)所在地 中国上海市金山区
(3)設立時期 2012年10月
(4)事業内容 ミラストマー™及びアドマー™の製造・販売
(5)株主 三井化学100%
(6)生産能力 11,000トン/年
(7)営業運転開始 2015年3月

<ご参考>

  ミラストマー™ アドマー™
特性 ミラストマー™はオレフィン系ゴム(EPT等)、オレフィン系樹脂(PP等)を主成分とし、加硫ゴムのような柔軟性を備え、様々な成形法に対応可能。密度が低く軽量なため、自動車部品等に数多く使用され、燃費の向上が期待されている。また、リサイクルが可能で、成形時のスクラップ等をリサイクルで有効に活用でき、経済的なメリットもある。 アドマー™は三井化学が世界に先駆けて開発した接着性ポリオレフィンで、EVOHなどのガスバリアー性樹脂や、金属、ガラス、セラミックス等の基材に強力に接着する特長を持ち、幅広い成形加工法に対応し、シート、フィルム、チューブ、ボトル等の多層成形体を作ることが可能。また、優れた耐久接着性と食品衛生性を備えることから、食品包装材分野において多大の信頼性を得ている。
用途例
  • 自動車の窓枠や表皮用途として(グラスランチャンネル、内装表皮材、マッドガード、各種シール部品、グリップ部品)
  • その他(建材ガスケット・土木目地材、スポーツ用品等)
  • 自動車用の燃料タンク
  • 食品等の包材用途として(食品ボトル、化粧品ボトル、食品チューブ、化粧品チューブ、食品シート、食品フィルム)
中国市場の
需要動向
中国では、自動車窓枠のTPV化や高級車種の内装材への採用が拡大している。
(※)TPV:架橋型熱可塑性エラストマー
中国では、食品安全意識の高まりに伴う包装資材の多層化によるアドマー™の需要が拡大している。

製品情報

以上

本件に関するお問い合わせ先

三井化学株式会社 IR・広報部TEL:03-6253-2100

中国上海におけるミラストマー™及びアドマー™コンパウンド工場の営業運転開始について (PDF : 507.38KB)pdfファイルを開く

ページトップへ