三井化学株式会社が韓国支社を現地法人化
~販社機能を付与し、事業展開を強化~

2016年3月15日
三井化学株式会社

三井化学株式会社(社長:淡輪 敏)は、2016年4月1日付けで、大韓民国ソウル市の「三井化学株式会社 韓国支社」を現地法人化し、三井化学韓国株式会社を営業開始致します。韓国における三井化学グループの拠点に販社機能を付与し、自動車向け、電気電子材料向け製品を主なターゲットに、更なる事業の拡大を図ります。

三井化学韓国株式会社の概要

名称 三井化学韓国株式会社
資本金 10億ウォン(約1億円)
所在地 大韓民国ソウル特別市龍山区漢江大路273龍山ビル9F
社長 古川 博之 (Hiroyuki Furukawa)
連絡先 +82-2-702-3134

設立の背景

韓国は自動車ならびに電気電子分野における世界的トップメーカーを有する重要な市場です。重点ターゲットとしてモビリティーを掲げる当社において、特に重要な位置付けにあり、また、ヘルスケアやフード&パッケージングにおいても、事業拡大のポテンシャルがあります。
当社は2014年10月に韓国支社を設立し、現地法人への移行を視野に、韓国での情報収集、顧客サービスを実施してまいりました。販社機能が付与された三井化学韓国株式会社の営業開始により、韓国での事業展開の更なる強化を図ります。

以上

本件に関するお問い合わせ先

三井化学株式会社 コーポレートコミュニケーション部TEL:03-6253-2100

三井化学株式会社が韓国支社を現地法人化 ~販社機能を付与し、事業展開を強化~ (PDF : 422.3KB)pdfファイルを開く

ページトップへ