PPコンパウンド能力増強、17年度105万トン体制へ
~ 世界8極展開をより強化、世界トップ戦略を推進 ~

2016年5月24日
三井化学株式会社
株式会社プライムポリマー

三井化学株式会社(社長:淡輪 敏)及び株式会社プライムポリマー(社長:貝出 健、三井化学65%、出光興産35%)は、ポリプロピレン(PP)自動車材のグローバルでの需要拡大に対応するため、アメリカ・メキシコ・インドの3拠点においてPPコンパウンドの生産能力を増強し、成長市場における事業の強化を図ります。
当社グループは、現在、世界8つの地域(日本、アメリカ、メキシコ、欧州、タイ、中国、インド、ブラジル)にPP自動車材の製造拠点と、5つの地域(日本、アメリカ、欧州、タイ、中国)に研究拠点を有し、高品質な製品の生産体制の強化・拡大を進めております。
昨今、環境規制の強化や自動車製造プロセスの環境負荷低減等のニーズは高まる一方であり、今後も車の軽量化ニーズや塗装を必要としないバンパーやインパネ材の需要増加が見込まれています。
当社は2017年度以降、米州、アジア地域において更なる増強を図り、生産能力を現行100万トンから+5%増の105万トンの生産能力とし、世界トップクラスの供給力を強固なものといたします。
当社グループは、今後とも高品質の製品を供給する製造・販売・技術サービス体制を拡充し、さらなるPPコンパウンド事業の強化・拡大を積極的に進めてまいります。

増強計画の概要

会社名(拠点国) 増強ライン数と営業運転開始
Advanced Composites, Inc.(America) 2ライン/17年度7月予定
Advanced Composites Mexicana, S.A. de C.V.(Mexico) 1ライン/17年度7月予定
Mitsui Prime Advanced Composites India PVT. LTD. (India) 1ライン/17年度7月予定

当社PPコンパウンド生産能能力

千トン

地域 2015年度 2016年度 2017年度
全世界 1,000 1,000 1,050
米州 410 410 440
欧州 15 15 20
アジア 575 575 590
(うち日本) (310) (310) (310)

会社概要

Advanced Composites, Inc. (America)

(1) 設立: 1986年6月
(2) 資本金: 14.1百万ドル
(3) 出資: 三井化学アメリカ 59.8%、プライムポリマー 3.0%、他 37.2%
(4) 本社: 米国 オハイオ州
(5) 工場: 米国 オハイオ州、テネシー州

Advanced Composites Mexicana, S.A. de C.V. (Mexico)

(1) 設立: 1994年2月
(2) 資本金: 2.6百万ドル
(3) 出資: Advanced Composites Inc. 100%
(4) 本社・工場: メキシコ アグアスカリエンテス州

Mitsui Prime Advanced Composites India PVT. LTD. (India)

(1) 設立: 2007年9月
(2) 資本金: 24.5億ルピー
(3) 出資: 三井化学 70.96%、プライムポリマー 20%、他 9.04%
(4) 本社・工場: インド ラジャスタン州ニムラナ

以上

本件に関するお問い合わせ先

三井化学株式会社 コーポレートコミュニケーション部TEL:03-6253-2100

PPコンパウンド能力増強、17年度105万トン体制へ ~世界8極展開をより強化、世界トップ戦略を推進~ (PDF : 498KB)pdfファイルを開く

ページトップへ