「安全衛生に係る優良事業場、団体又は功労者に対する厚生労働大臣表彰」受賞
~長年にわたる安全衛生活動の指導で、安全衛生水準の向上・発展に多大な貢献が高く評価~

2016年7月29日
三井化学株式会社

三井化学株式会社(社長:淡輪敏)は、この程、学識研究者としての研究、実践、学会活動、関連団体等における諸活動により、我が国の安全衛生水準の向上・発展、活性化に多大な寄与をしている点が評価され、土肥誠太郎医師(本社健康管理室長・統括産業医)が平成28年度「安全衛生に係る優良事業場、団体又は功労者に対する厚生労働大臣表彰」の功績賞を受賞し、6月30日に表彰を受けました。


授賞式の様子


受賞した土肥誠太郎医師

土肥医師は26年間に亘り、当社の産業医として産業医学関連研究等に携わる中で、数多くの論文・著書等を著しており、積極的な学会発表を行っております。また、産官学の多くの委員会・検討会等へも参画し、産業医学関連において精力的な活動を続け、主導的な役割を担っています。
特に、日本産業衛生学会においては、理事・代議員を歴任し、専門医試験委員や生涯教育委員を務めています。産業医科大学・東京女子医大・国立保健医療科学院など多くの教育機関で非常勤講師を務め、学識研究者としての研究・教育、産業医学の実践、学会活動、関連団体等における指導的活動により、我が国の安全衛生水準の向上・発展、活性化に多大な貢献をしていると評価されました。

主な社外活動

胸部レントゲン検査や地域・職域連携、受動喫煙防止関係の検討会委員(厚生労働省)
化学物質の健康診断に関する専門委員(厚生労働省)
産業医制度の在り方に関する検討会委員(厚生労働省)
労働安全衛生法に基づく定期健康診断のあり方に関する検討会委員(厚生労働省)
労働衛生分野における専門誌『安全と健康』及び『産業医学ジャーナル』の編集委員
産業医業務の基本書である『産業医の実務Q&A』など重要書籍の編集委員 等

「安全衛生に係る優良事業場、団体又は功労者に対する厚生労働大臣表彰」について

労働安全衛生法では、働く人の安全と健康を確保し、快適な職場環境をつくるため、事業主に労働災害の防止に取り組むよう定めています。この表彰は、災害が起こっていない期間が特に長く、職場のリスクを低減する取組が特に活発に行われているなど、他の模範と認められる優良な事業場や団体をたたえるものです。また、事業者団体の役員や学識経験者などで、長年にわたり安全衛生活動の指導的立場にあり、地域、団体または関係事業場の安全衛生水準の向上・発展に多大な貢献をした功労者なども対象となります。

(厚生労働省HPから抜粋)

以上

本件に関するお問い合わせ先

三井化学株式会社 コーポレートコミュニケーション部TEL:03-6253-2100

「安全衛生に係る優良事業場、団体又は功労者に対する厚生労働大臣表彰」受賞 ~長年にわたる安全衛生活動の指導で、安全衛生水準の向上・発展に多大な貢献が高く評価~ (PDF : 466KB)pdfファイルを開く

ページトップへ