特性詳細

耐熱性

TPX® の融点は220~ 240 ℃で、ビカット軟化点も高いため、高温下での使用が可能です。
但し、熱変形温度がポリプロピレンとほぼ同等のため、荷重のかかる用途にご検討の際はご注意下さい。

関連用途: 食品容器、FPC離型紙、ゴムホース、合皮離型紙、アニマルケージ、LED モールド

graph of Heat Resistance

離型性

TPX® の表面張力は24 mN/m で、フッ素樹脂に次いで小さいので、各種材料からの剥離性に優れます。
この特性を生かし、熱硬化性樹脂(ウレタン、エポキシ等)硬化時の離型材料に利用されています。また、
熱可塑性樹脂(PET、PP 等)と混ざらないため、PET、PP 膜の多孔質化に利用されています。


関連用途:食品容器、FPC離型紙、ゴムホース、合皮離型紙、樹脂改質、LED モールド

もっと見る

graph of Releasability and Non-compatibility

離型性

離型性に優れるTPXは食品の汚れがつきにくく、防汚性に優れます。

graph of Releasability and Non-compatibility

上記の表は一般的な容器であるPPと食品の色の着き方を比較したものです。TPX®の容器は他材に比べて汚れが着きにくいのがわかります。

透明性

TPX® は、結晶性の樹脂でありながら、透明(Haze< 5%)で優れた光線透過性を誇ります。
特に紫外線透過率がガラス及び透明樹脂に比べ優れているため、光学分析用のセルにも利用されています。

関連用途: 食品容器、アニマルケージ、実験器具

graph of Transparency

耐薬品性

TPX® は安定したC-C 結合であるため、ポリカーボネートやアクリル類と比較して耐薬品性に優れています。特に、酸やアルカリ、アルコールに対し優れた耐久性を有することから、化粧品キャップやチューブ、実験器具や分析セルなど、幅広い分野にて使用されています。

関連用途: 実験器具

graph of Chemical Resistance

ガス透過性

TPX® はその分子構造上、すぐれたガスを透過する特性を有しています。この特性を生かし、ガス分離膜等の分野で活躍しています。

関連用途: 中空糸

graph of Gas Permeability

低誘電特性

非極性の構造であることから、フッ素系樹脂並の低誘電特性を有しています。
誘電特性の周波数依存が小さく、更には射出成形にて成形できることから、様々な周波数帯で、安定した品質で使用することができます。

graph of Low Dielectric Property

低誘電特性

graph of Releasability and Non-compatibility

低密度

熱可塑性樹脂の中で最も密度が低く(830kg/㎥ )、他の透明樹脂と比べ比容積が大きいため、成形品の軽量化が可能になります。TPX® 単体のみならず、他の樹脂とのコンパウンドによる軽量化も可能です。

関連用途:食品容器、アニマルケージ

耐スチーム性

ポリオレフィンであるため、吸水率が極めて低く、吸水による寸法変化がありません。
また、沸騰水中でも加水分解しないため、スチーム滅菌が必要となる医薬品実験器具やアニマルケージなどに使用することができます。

関連用途:中空糸、実験器具、アニマルケージ

食品衛生性

TPX®は吸水性が非常に低いため、TPX®を使った商品は吸水による変形が少なく、さらに、沸騰したお湯のなかでも加水分解されないため、実験器具やアニマルケージといった蒸気殺菌を要する素材としてもご使用可能です。

関係法令

低屈折性

TPX® の屈折率は1.463nD20であり、フッ素樹脂に次いで低いため、低屈折材料として使用できます。

物性表

補足情報

物性補足情報

成型補足情報