三井化学 第4回 触媒科学国際シンポジウム(MICS2009)開催レポート

  • トップ
  • ご挨拶
  • 講演内容
  • 触媒科学賞
  • トピックス
  • English

講演内容

招待講演

岩澤 康裕 教授 (東京大学)

革新的プロセス創出のための触媒表面の化学設計とダイナミック構造
岩澤 康裕

努力し行動しよう。未来のために。

岩澤教授は固体表面科学研究の第一人者であり、従来の手法では解析が困難であった固体表面上での化学反応を、独自に開発した技術を駆使し、原子レベルで解明することに成功した。

本講演では、燃料電池、酵素反応等、多くの化学反応に重要な役割を果たすプロトン(H+)移動に関する解析例、ナノテクノロジーの観点から注目されている金属酸化物表面の原子レベルにおける構造解析例について紹介した。

加えて、岩澤教授らが新規に開発したベンゼンからフェノールを直接合成可能な触媒について、その反応メカニズムをIn-situ時間分解XAFSによって解明した例を紹介した。

In-situ時間分解XAFS: X線を用いて固体触媒表面の反応点をリアルタイムに観察する手法。


座長; 巽 和行 教授
(名古屋大学)

© Mitsui Chemicals, Inc. All Rights Reserved.