三井化学 第4回 触媒科学国際シンポジウム(MICS2009)開催レポート

  • トップ
  • ご挨拶
  • 講演内容
  • 触媒科学賞
  • トピックス
  • English

講演内容

三井化学 触媒科学賞 記念講演

John F. Hartwig 教授 (イリノイ大学、米)

新規カップリング反応と炭素-水素結合の官能基化反応の発見と発展
John F. Hartwig

未踏の地を発掘しよう。
誰もが驚く発見をするために。

Hartwig教授は、触媒的炭素-水素結合活性化および高効率的カップリング反応など、斬新かつ実用的な触媒反応を開発した。

炭素-水素結合の触媒的活性化に関しては、金属-ホウ素結合を有する化合物を介してアルカンの末端炭素-水素結合の官能基化を行っており、特異な機構で炭素-水素結合が解離することを明らかにした。また高効率カップリング反応では、炭素-炭素結合や炭素-窒素結合等を生成するパラジウム触媒を開発し、芳香族アミンなどの芳香族化合物の合成に成功した。この触媒は幅広い反応に適用可能で、極めて実用性が高い。

本講演ではこれら一連の研究と、その基礎となる有機金属化学的な機構について紹介した。


2009年「三井化学 触媒科学賞」
選考委員長; 村井 眞二 博士
(独立行政法人 科学技術振興機構)

© Mitsui Chemicals, Inc. All Rights Reserved.