三井化学 第4回 触媒科学国際シンポジウム(MICS2009)開催レポート

  • トップ
  • ご挨拶
  • 講演内容
  • 触媒科学賞
  • トピックス
  • English

講演内容

三井化学 触媒科学奨励賞 記念講演

松永 茂樹 講師 (東京大学)

不斉配位子設計に基づく多中心触媒反応の開発
松永 茂樹

協調が鍵となる。
触媒科学においても人生においても。

松永博士は、複数の中心金属が協働的に作用する不斉反応触媒を開発した。

本触媒は、二つ以上の中心金属と不斉配位子の組み合わせからなる多中心の金属錯体であり、触媒反応においては、それぞれの中心金属が異なる作用を示す。すなわち一方の中心金属はルイス酸として求電子剤を活性化し、他方の金属は求核剤との相互作用により求核剤の配向性を制御する。これにより、従来型の単一中心金属不斉触媒では実現困難な不斉反応の開発に数多く成功した。

本講演では、触媒設計およびそれを用いる触媒的不斉反応の開発と、不斉発現機構に関して概説し、生物活性化合物の合成などへの応用例を紹介した。

© Mitsui Chemicals, Inc. All Rights Reserved.