三井化学 第4回 触媒科学国際シンポジウム(MICS2009)開催レポート

  • トップ
  • ご挨拶
  • 講演内容
  • 触媒科学賞
  • トピックス
  • English

講演内容

三井化学 触媒科学奨励賞 記念講演

中尾 佳亮 助教 (京都大学)

ニッケル/ルイス酸協働触媒による炭素-炭素結合生成付加反応
中尾 佳亮

あなたがわくわくすることに、
素直に身を任せよう。

中尾博士は、ニッケル触媒とルイス酸の協働的触媒作用を用いた新しい炭素-炭素結合形成付加反応を開発した。

中尾博士はまず、それまで炭素-水素結合の活性化にほとんど用いられることのなかったニッケル触媒によるアルキンへの付加反応を実現した。さらに、その活性化にルイス酸が効果的であることを見出し、より温和な条件での反応を可能にした。またこのニッケル/ルイス酸触媒は、炭素-ニトリル基結合を活性化して不飽和結合へのニトリル付加反応を大幅に促進した。

本講演では、ピリジン誘導体とアルキンの付加反応、アルケンの分子内カルボシアノ化や、反応の鍵となる中間体の解明などについて紹介した。

© Mitsui Chemicals, Inc. All Rights Reserved.