三井化学 第4回 触媒科学国際シンポジウム(MICS2009)開催レポート

  • トップ
  • ご挨拶
  • 講演内容
  • 触媒科学賞
  • トピックス
  • English

講演内容

三井化学 触媒科学賞 記念講演

野崎京子教授 (東京大学)

極性モノマー共重合のための新規触媒反応の開発
野崎京子

野崎教授はこれまでに触媒反応の基礎研究を通じて医農薬から有機材料、高分子材料に至る広範な分野を対象にした効率的な合成法を開発しており、特に触媒科学の重要課題の一つであるオレフィンと極性モノマーの配位共重合を可能とする革新的触媒反応を開発した。

野崎教授は触媒構造を系統的に研究することによってパラジウムを用いたホスフィン-スルホナート配位子を有する錯体を設計し、今まで困難とされてきたアクリロニトリルとエチレンの配位共重合体、酢酸ビニルと一酸化炭素の交互共重合体を得ることに世界で初めて成功した。

本講演では、上記触媒系による極性モノマーの各種の共重合について紹介した。


座長; 奥田 純 教授
(RWTHアーヘン大学, 独)

© Mitsui Chemicals, Inc. All Rights Reserved.