三井化学 第5回 触媒科学国際シンポジウム(MICS2011)開催レポート

  • トップ
  • ご挨拶
  • 講演内容
  • 触媒科学賞
  • トピックス
  • English

講演内容

プログラム

2011年3月9日(水)

10:00~10:10 開会挨拶
10:10~11:00 基調講演
Yuan T. Lee 教授(台湾中央研究院、台)

化学反応および光化学過程のダイナミクス
11:00~11:50 招待講演
John E. Bercaw 教授(カリフォルニア工科大学、米)

単純な炭化水素を有用な化学品や燃料へ:均一系錯体触媒の進展
13:20~14:10 特別講演
鈴木 章 名誉教授(北海道大学)

有機ホウ素化合物を用いるクロスカップリング反応:炭素-炭素結合の簡単な生成手法
14:10~15:00 招待講演
堂免 一成 教授(東京大学)

不均一系光触媒による水分解反応
15:00~15:50 招待講演
伊丹 健一郎 教授(名古屋大学)

芳香環連結化学のブレークスルー
16:10~17:50 2011年「三井化学 触媒科学賞」授賞式 / 記念講演

三井化学 触媒科学賞


記念講演
David W. C. MacMillan 教授(プリンストン大学、米)

「有機触媒による光酸化還元反応、そしてセレンディピティの促進」
三井化学 触媒科学奨励賞

記念講演
山口 和也 准教授(東京大学)

「金属水酸化物の特性に基づく高活性不均一触媒の開発」

記念講演
依光 英樹 准教授(京都大学)

「パラジウム触媒反応における不飽和アルコールの有機金属等価体としての利用」

2011年3月10日(木)

10:00~10:50 基調講演
Sir John E. Walker 教授(医学研究協議会、英)

ATP合成酵素の構造および反応機構
10:50~11:40 招待講演
中村 栄一 教授(東京大学)

有機合成における鉄触媒
13:10~14:00 特別講演
根岸 英一 教授(パデュー大学、米)

遷移金属化合物の不思議な力:過去、現在、そして未来
14:00~14:50 招待講演
Craig J. Hawker 教授(カリフォルニア大学 サンタバーバラ校、米)

高効率・高選択的合成技術「クリックケミストリー」を駆使した機能性材料の創出
15:10~16:00 招待講演
槇尾 晴之 博士(三井化学(株) 触媒科学研究所)

フェノキシ-イミン型配位子を基礎とする高活性・高選択性触媒:その原理と実践
16:00~16:50 招待講演
澤本 光男 教授(京都大学)

遷移金属錯体触媒による精密制御ラジカル重合: 高分子化学と触媒科学の融合
16:50~17:00 閉会挨拶
© Mitsui Chemicals, Inc. All Rights Reserved.