三井化学 第5回 触媒科学国際シンポジウム(MICS2011)開催レポート

  • トップ
  • ご挨拶
  • 講演内容
  • 触媒科学賞
  • トピックス
  • English

講演内容

招待講演

槇尾 晴之 博士(三井化学(株) 触媒科学研究所)

フェノキシ-イミン型配位子を基礎とする高活性・高選択性触媒:その原理と実践
槇尾 晴之 博士

将来展望とその実現へ向けた情熱

槇尾博士は、三井化学に入社以降、遷移金属錯体触媒を用いるオレフィン重合の研究に従事し、同社における重合触媒開発のキーパーソンとして活躍している。特に最近は、均一系触媒、あるいは不均一系触媒を駆使して、高い付加価値を有する高分子材料を創出するための研究に邁進している。

本講演では、三井化学で開発された高性能オレフィン重合用触媒であるFI 触媒について、その活性種及び反応機構、及び構造-反応性相関について解説された。さらに、FI 触媒の特徴を活かした新規なオレフィン系ポリマー材料の創出及びFI 触媒技術を応用したエチレン三量化触媒の設計と開発について紹介された。

© Mitsui Chemicals, Inc. All Rights Reserved.