三井化学 第5回 触媒科学国際シンポジウム(MICS2011)開催レポート

  • トップ
  • ご挨拶
  • 講演内容
  • 触媒科学賞
  • トピックス
  • English

講演内容

招待講演

澤本 光男 教授 (京都大学)

遷移金属錯体触媒による精密制御ラジカル重合: 高分子化学と触媒科学の融合
澤本 光男 教授

奇跡的、独創的、創造的、
 それでいて嘘偽りのない
これが触媒科学研究である。

澤本教授は遷移金属錯体による精密(リビング)ラジカル重合技術の発明者である。本技術は、その簡便性から産学問わず構造を精密制御した高分子材料の開発に利用されている。

本講演では、最近の遷移金属触媒の進歩や反応機構の解明などの基礎研究から、官能基化及び/またはモノマー配列が精密制御された高分子材料の開発まで総合的に紹介された。


座長; 相田 卓三 教授
(東京大学)

© Mitsui Chemicals, Inc. All Rights Reserved.