三井化学 第5回 触媒科学国際シンポジウム(MICS2011)開催レポート

  • トップ
  • ご挨拶
  • 講演内容
  • 触媒科学賞
  • トピックス
  • English

講演内容

三井化学 触媒科学奨励賞 記念講演

山口 和也 准教授 (東京大学)

金属水酸化物の特性に基づく高活性不均一触媒の開発
山口 和也 准教授

山口博士は、金属水酸化物が金属由来のLewis酸性と水酸基由来のBrønsted塩基性を併せ持つという協奏触媒作用に着目し、それらの特長を巧みに利用した高活性不均一触媒の開発を行った。具体的には、無機酸化物上に単核、もしくはそれに近い高分散のルテニウム水酸化物を担持した触媒を用い、分子状酸素によるアルコールの選択酸化反応の開発に成功した。また、この触媒がアルコールの酸化反応に加えて、水素移動反応や水和反応にも高活性であることを見出した。

本講演では、金属水酸化物の性質に基づいた高活性不均一触媒の設計、及びその特徴を利用した、種々のグリーンな官能基変換反応について紹介された。


2011年「三井化学 触媒科学賞」
選考委員長; 岡本 佳男 名誉教授
(名古屋大学)

© Mitsui Chemicals, Inc. All Rights Reserved.