三井化学の事業紹介MCI 2025 Mitsui Chemicals, Inc. 2025

三井化学が考える、社会が目指すべき未来の姿と、
未来の社会に貢献していく企業の姿を形にした「2025長期経営計画」
ここでは、「2025長期経営計画」の実現に欠かすことのできない、これからの三井化学を創り出す事業戦略と、
事業戦略の中核をなす5つの事業領域をご紹介します。

「新たな顧客価値の創造」
に向けて

三井化学が「2025長期経営計画」で目指しているのは
「新たな顧客価値を創造し、事業活動を通じて社会課題を解決する会社」。
エネルギー問題や食料問題、高齢化社会など、社会が抱えている様々な課題。
こうした社会課題の解決に向けて事業活動を通じた社会貢献を実現するため、
当社が有する強い基盤を活かすことができる領域をターゲット事業領域と定めました。
これが「モビリティ」「ヘルスケア」「フード&パッケージング」「次世代事業」の4つのターゲット事業です。
これら4つの事業領域に、従来から社会の基盤を支える素材を提供してきた
「基盤素材」を加えた5つの事業領域において、
「イノベーションの追求」「海外市場への展開加速」「既存事業の競争力強化」を基本戦略として経営基盤を強化。
顧客のニーズを解決し、収益化する「顧客起点型ビジネスモデル」への転換を図り、「2025長期経営計画」の実現を目指します。

2025長期経営計画

基本戦略

イノベーションの
追求
海外市場への
展開加速
既存事業の
競争力強化

積極的な経営資源の投入

1成長投資1兆円 (うち、戦略投資4,000億円
2研究開発費2 700億円

顧客起点型
ビジネスモデルへの転換

顧客起点型ビジネスモデルへの転換 顧客起点型ビジネスモデルへの転換

ビジネスモデルの転換により、
さらなる成長を目指す

目標

2025年度営業利益

2,000億円