Mitsui Chemicals

【活動報告】-東日本大震災復興支援に向けた持続的な支援活動-
宮城県南三陸町にて「ふしぎ探検隊」の化学実験教室を開催

2014年10月20日
三井化学株式会社

三井化学株式会社(社長:淡輪敏)は東日本大震災の復興に向けた持続的な支援活動の一つとして、10月18日に宮城県南三陸町で化学実験教室を開催しました。
当社は2011年より、当社グループ社員がボランティアとして全国から集まり、「ふしぎ探検隊」※1 化学実験教室を被災地で開催しています。本年度は一般社団法人南三陸復興推進ネットワークが主催する「南三陸わらすこ探検隊」※2 この一環として「ジャンボスライム」作りに加え、身近な材料でクロマトグラフィーの技術を使って、「クロマトアートのカレンダー」を全国から参加した当社グループ社員と一緒に作りました。
三井化学グループは、実験教室の開催を含め、今後も被災地の一日も早い復興に向けた支援活動を継続してまいります。

(写真左・中央)実験中の子供たち、(写真右)集合写真


※1 ふしぎ探検隊
次世代を担う子供たちに「化学の楽しさや面白さを伝えたい」という当社社員の思いから、2006年に始まった化学実験教室です。活動の輪を全国に拡げ、各事業所の地域の学校やイベント等で開催しています。

※2 南三陸わらすこ探検隊
一般社団法人南三陸町復興推進ネットワークが実施する被災地域の子供たちが安心して学べる場の提供と地域のコミュニティ活性化を目的としたプログラムです。

以上

本件に関するお問い合わせ先

三井化学株式会社 IR・広報部TEL:03-6253-2100

【活動報告】-東日本大震災復興支援に向けた持続的な支援活動- 宮城県南三陸町にて「ふしぎ探検隊」の化学実験教室を開催 (PDF : 190KB)pdfファイルを開く