品質

三井化学グループは、「レスポンシブル・ケア基本方針」に基づき、品質マネジメントを継続的に改善することによって、お客様が満足する製品・サービスを提供し、お客様の信頼に応えています。

マネジメントシステム

方針

「レスポンシブル・ケア基本方針」に基づき、品質マネジメントに関する基本的事項として、体制・PDCAを回す手順等を社則に定め、その実行を通じて、お客様の満足の得られる製品とサービスを提供し、お客様の信頼に応えます。

事業がグローバルに拡大する中で、三井化学グループとしての基本的な品質意識の統一のため「グローバル品質マネジメントの原則」を定め、グループ全体に展開しています。

三井化学グループ グローバル品質マネジメントの原則

三井化学グループは、「品質のつくり込み活動」である品質管理と「お客様から信頼を得る活動」である品質保証を品質マネジメントの両輪とし、以下の原則を定め、お客様の満足の向上に努めます。

1.顧客本位の製品とサービス

2.客観的で透明性のある品質保証

3.安定した製品を提供するつくり込み

4.風通しの良い企業風土の形成

体制・責任者

社長を品質マネジメントの最高責任者とし、RC・品質保証部が、国内外の三井化学グループ全体の品質マネジメントを統括し、全部門で製品・サービスの品質向上とお客様満足のさらなる向上に取り組んでいます。

事業部・物流部・購買部・工場・研究所が「品質管理」を、RC・品質保証部が「品質保証」を担っており、各部の長が責任者として各部署の品質マネジメントを推進しています。

品質マネジメントの体制・責任者

モニタリング方法

品質マネジメント

品質監査のプログラムおよび重点監査項目を定め、三井化学グループ全体の品質マネジメントの実行状況を確認しています。年度末に監査での指摘事項などをレビューし、次年度の監査のプログラムに反映しています。

製品の品質

お客様からの苦情をシステムに集約し、苦情内容・原因およびお客様の反応をモニタリングしています。月ごとに解析結果をまとめ、グループ内で共有化しています。年間での苦情の状況をレビューし、次年度の品質目標を設定しています。

成果・レビュー

2016年度も品質苦情は過去最低レベルを維持しています。苦情に対しての根本原因究明と再発防止/水平展開による未然防止を行っていることが成果につながっていると考えています。
また、2015年に定めた「グローバル品質マネジメントの原則」を監査・教育の場を通じて説明し、三井化学グループ内の品質意識を醸成しています。
今後、さらなるグローバル化・より機能性の高い製品の拡大により、顧客に密着した高度な品質管理が必要となります。これに対応するため、従来以上の品質意識向上とそれを実現する品質マネジメントシステムの構築に取り組みます。

目標と実績

2016年度の目標

  • 全製品において、お客様からの苦情への対応はもとより、高い品質リスクとなる要因を自ら抽出し、防止策を検討
  • モビリティやフード&パッケージングなど、新事業・新製品の品質保証体制の構築への取り組み

2016年度の実績と評価

達成度A

  • 全製品において、お客様からの苦情への対応はもとより、高い品質リスクとなる要因を自ら抽出し、防止策を検討
    苦情は、系統図解析を行い根本原因を究明し、再発防止/水平展開を実施
    QRG活動を継続的に行い現場での品質リスクの抽出と対策を実施
  • 新事業・新製品の品質保証体制の構築への取り組み:
    新事業分野に品質保証の専任者を置き、案件ごとに品質保証体制を構築
QRG(Quality risk Reduction Group)活動:品質リスク低減活動。三井化学グループの独自品質改善活動。

2017年度の目標

  • お客様の満足を追求した品質苦情の極小化
  • 新事業・新製品の安定した品質のつくり込み
  • 品質に関わる法令・ルール遵守

※ 自己評価による達成度:A 95%以上、B 70%以上95%未満、C 70%未満

アンケートにご協力ください

★印をあなたの評価と合致するところでクリックしてください

アンケートの回答には Internet Explorer 8 以降が必要です。