労働安全衛生

三井化学グループは、全社を挙げてヒヤリハット活動、危険予知(KY)トレーニング、リスクアセスメントの徹底を行い、「事故・労働災害の防止」に取り組むとともに、従業員の生活習慣病、メンタルヘルス対策などにも引き続き注力します。

2017年7月に発生した茂原分工場の火災については、こちらをご覧ください。

マネジメントシステム

方針

労働安全

「レスポンシブル・ケア基本方針」において、『「安全はすべてに優先する」を私たち全員が心に刻み、無事故・無災害の実現を徹底して追求します』と記載しています。さらに労働安全に関する基本事項を定めた、環境安全管理に関する社則に従い、労働安全を推進しています。

労働衛生

「レスポンシブル・ケア基本方針」において、「従業員の心と身体の健康増進に積極的に取り組みます」と記載しています。
さらに労働衛生に関する基本事項を定めた、環境安全管理に関する社則では、「社員の健康は、会社の健康に直結する」との基本理念に基づき、健康管理を含む労働衛生施策を展開しています。

体制・責任者

労働安全

社長を最高責任者、生産・技術本部担当役員を責任者とし、生産・技術本部 安全・環境技術部が労働安全の戦略を策定、展開・推進しています。
また、各事業部、生産拠点、関係会社と連携して、労働安全を推進しています。

労働衛生

人事部担当役員を責任者とし、本体の産業医が集まる産業医会議を定期的に開催して健康管理上の課題や対策を検討します。
これを基に労働衛生中期計画や年間計画案を策定し、レスポンシブル・ケア委員会の審議を経て決定します。そして、本社と袖ケ浦センターのほか、全5工場の健康管理室が中心となり各事業所における年間計画を策定展開するとともに、健康管理室の専属産業医や保健師、衛生管理者が社員の健康増進を支援しています。また、小規模工場や関係会社の主要工場にも嘱託産業医・看護師などを配置してグループ社員の健康増進に取り組んでいます。

モニタリング方法

労働安全

安全・環境技術部は、国内拠点における労働安全に関する重点課題目標の達成状況を定期的に確認し、その進捗を把握しています。また、グループ全体の労働災害情報は、安全・環境技術部が集約し、グループ全体で情報共有しています。

労働衛生

本体事業所については、労働衛生年間計画の進捗状況を産業医会議で報告し、生活習慣病リスクの有所見率・疾病休業日数(およびその強度率)・メンタルヘルス疾病日数(およびその強度率)・メンタルヘルス不調者の新規発症数などを、全社統計として集計しています。
さらに、労働衛生監査を本体事業所(1回/2年)および国内外の関係会社(1回/3-4年)に対して実施し、年間計画の達成状況や労働衛生管理上の問題点の改善を実施しています。

成果・レビュー

労働安全

世界最高水準の安全を目指した、重視する労働災害の度数率0.15以下という目標については未達が続いており、グループ全体で同型労災の防止対策の推進を行っています。2025長期経営計画の環境・社会軸目標「サプライチェーン全体を通じた安全確保・高品質・公正の追求」においても、重視する労働災害の度数率をKPIとし、世界最高水準の安全を目指すことを明確にしています。

重視する労働災害:
・ 業務に直接関わるもので、休業・死亡に至った労働災害
・ 不休業または微傷災害のうち、原因が重大で死亡または休業に至る恐れのあった労働災害

労働衛生

健康増進は労働衛生における重要な課題であるとともに、定年延長にともない生活習慣病有所見率の悪化が懸念されています。生活習慣病リスクの中で、血圧・糖質の有所見率は徐々に改善傾向にありますが、肥満の有所見率が悪化傾向にあり重要な課題と位置づけています。特に、肥満にならないための若年層への対策を充実させます。メンタルヘルス対策は社員の健康問題として重要であり、労働生産性に大きな影響を及ぼします。ストレスチェック制度活用して、職場環境の改善をいっそう推進していきます。
一方、化学物質ばく露防止対策に関しては、労働安全衛生法の改正にともない対策の強化が求められており、特に、化学物質の有害性に関するリスクアセスメントを計画的に推進しています。

目標と実績

2016年度の目標

労働安全

  • 基本事項のさらなる徹底
  • 同型労災の防止対策の推進

労働衛生

  • 社員と職場の健康増進
    (1)生活習慣病リスクの低減:生活習慣病平均有所見率:9.0%未満
    (2)メンタルヘルス不調の低減:メンタル不調休業強度率:0.35未満
  • 将来を見据えた有害物質リスク管理(化学物質ばく露防止対策の推進)
    リスクアセスメント実施率:新規取扱い物質・SDS更新物100%、 その他の物質計画に基づく実施率100%

2016年度の実績と評価

労働安全

達成度C

  • 重視する労働災害の度数率 0.23(目標0.15以下)
    国内・海外工場ともに重視する労働災害の度数率は前年度に比べて低下しましたが、三井化学グループ全体の2016年度重視する労働災害の度数率は0.23で未達となりました。

労働衛生

達成度C

  • 社員と職場の健康増進
    (1)生活習慣病平均有所見率:9.7%
    生活習慣病有所見率のうち、肥満率が悪化し平均有所見率が悪化しました。2017年度以降、肥満にならないための若年層への対策を充実させていきます。
    (2)メンタル不調休業強度率:0.41
    新規のメンタルヘルス不調者の発生は減少しましたが、休業の長期化に伴いメンタル不調休業強度率が若干悪化しました。今後も、メンタルヘルス不調者の早期発見とフォロー徹底を行うとともに、ストレスチェックの集団分析結果とメンタルヘルス風土調査を活用した職場環境改善に取り組んでいきます。
  • 将来を見据えた有害物質リスク管理(化学物質ばく露防止対策の推進)
    リスクアセスメント実施率:新規取扱い物質・SDS更新物100%、 その他の物質計画に基づく実施率100%

2017年度の目標

労働安全

  • 国内関係会社の労災防止対策の推進(特に、挟まれ・巻き込まれ防止対策の徹底)
  • 工事協力会社の労災防止対策の推進
  • 転倒防止対策の推進

労働衛生

  • 社員と職場の健康増進
    (1)生活習慣病リスクの低減:生活習慣病平均有所見率:9.0%未満
    (2)メンタルヘルス不調の低減:メンタル不調休業強度率:0.39未満
  • 将来を見据えた有害物質リスク管理(化学物質ばく露防止対策の推進)
    リスクアセスメント実施率:新規取扱い物質・SDS更新物100%、 その他の物質計画に基づく実施率100%

アンケートにご協力ください

★印をあなたの評価と合致するところでクリックしてください

アンケートの回答には Internet Explorer 8 以降が必要です。