次世代工場構築

目指す姿 人間の能力を引き出すスマート工場

当社グループは、これまで培った製造技術のノウハウとAI、IoT等の最先端技術を組み合わせることで、人間の能力を引き出し、安全・安定、高品質、高効率を維持しながら多品種・高機能製品を製造できる次世代工場の構築を目指しています。

取り組み概要

①安全・安定運転 ②品質安定化 ③効率化 ④人材育成の各種取り組みを通じて、生産性向上と競争力強化に努めていきます。

  取り組み 期待効果
①安全・安定運転
  • ビッグデータ解析による設備異常検知
  • 高機能カメラによる監視強化
事故・トラブルの未然防止、機会損失の最小化
②品質安定化
  • AIを活用した品質予測
  • ソフトセンサ導入による品質安定化
  • 機械学習を活用した品質異常検知
品質ロスの低減、運転員の負荷の軽減
③効率化
  • ビッグデータを活用した用役の最適化
  • タブレットを活用した保全業務の効率化
収率向上、用役コストの低減、報告の迅速化
④人材育成
  • バーチャルリアリティを活用した安全教育
  • 機械学習を活用した文書検索の効率化
安全意識の向上、技術伝承の強化

取り組み事例 ビッグデータを活用した用役最適化

これまで蓄積してきたすべての運転データをビッグデータとして解析し、ボイラー・タービンの最適な運転条件を計算。これに燃料価格や購入電力価格、工場内全プラントの稼働状況等をリアルタイムで捕捉して、最適条件で運転することにより、工場全体の用役(電気・蒸気)を最小コストで供給します。現在、大阪工場で運用を開始しており、工場全体の用役コスト低減に寄与しています。今後、他工場へも展開し、全社的な競争力強化を図っていきます。

ビッグデータを活用した用役最適化

関連リンク

  • Get Adobe Acrobat Reader

    最新のAdobe Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。