2014年「三井化学 触媒科学賞」募集について

2013年8月8日
三井化学株式会社

当社は、2014年「三井化学 触媒科学賞」について、本年9月2日より募集を開始しますので、お知らせ致します。

三井化学 触媒科学賞」は、化学および化学産業の持続的発展に寄与することを目的として、触媒科学の分野で優れた研究業績をあげた研究者を表彰するものです。2004年に制定してから、今回が5回目の募集となります。当社はこれまでに、同奨励賞と合わせて15名の触媒科学研究者に本賞を授与してまいりました。募集の詳細は別紙をご参照下さい。

なお、当社が2003年より開催してきた「三井化学 触媒科学国際シンポジウム」は、全5回の開催を通して、ノーベル化学賞受賞者11名を含む延べ51名の世界トップクラスの研究者にご講演をいただき、また、最前線の触媒科学について、国内外合わせて延べ約7,000名の研究者による交流が活発に行われました。これにより、「世界中の研究者の交流の場と新たな知の創造の場を提供し、触媒科学の発展を通して豊かな社会の発展に寄与する」という、当初の目的を果たすことができたと考え、従来の形式での開催は見合わせることと致します。「三井化学 触媒科学賞」の受賞記念講演の実施につきましては、別途ご案内いたします。

当社は今後も、「三井化学 触媒科学賞」の実施により、中堅・若手研究者の触媒研究を奨励し、引き続き触媒科学の発展を通した豊かな社会の発展に寄与してまいります。

[別紙]

2014年「三井化学 触媒科学賞」募集概要

募集内容

1.「三井化学 触媒科学賞」

(1)研究分野 重合触媒、精密合成触媒、環境保護に寄与する触媒等の触媒科学の分野
(2)対象者 上記の分野で、特に優れた研究業績をあげた大学、あるいは公的研究機関に属する 45歳以下(2013年4月1日時点)の研究者1名以内
(3)賞品・副賞 記念楯、副賞賞金500万円

2.「三井化学 触媒科学奨励賞」

(1)研究分野 三井化学 触媒科学賞」に同じ
(2)対象者 上記の分野で、特に独創的な研究業績をあげた大学、あるいは公的研究機関に属する 35歳以下(2013年4月1日時点)の若手研究者2名以内
(3)賞品・副賞 記念楯、副賞賞金100万円

※「三井化学 触媒科学賞」、「三井化学 触媒科学奨励賞」のどちらかを選択してご応募下さい。

募集期間及び応募方法

募集期間 2013年9月2日~2013年12月27日
応募方法 詳細は当社ホームページ(https://www.mitsuichem.com/jp/)をご参照いただくか、「三井化学 触媒科学賞」選考委員会事務局(E-mail:MCI-AWARD@mitsui-chem.co.jp)まで、お問い合わせ下さい。

受賞者の発表

受賞者の発表は2014年6月に、当社ホームページ、新聞、専門誌等を通して行う予定です。

(ご参考:2011年の受賞者) ※所属・肩書きは、2011年受賞当時のものです。

三井化学 触媒科学賞」

氏名 David W. C. MacMillan
所属 プリンストン大学 教授
業績 「有機触媒の新しい展開」

三井化学 触媒科学奨励賞」

氏名 山口 和也 依光 英樹
所属 東京大学 准教授 京都大学 准教授
業績 「金属水酸化物の特性に基づく高活性不均一触媒の開発」 「不飽和アルコールと有機ハロゲン化物のパラジウムによる触媒反応の開発」

以上

本件に関するお問い合わせ先

三井化学株式会社 IR・広報部TEL:03-6253-2100

2014年「三井化学 触媒科学賞」募集について (PDF:113KB)pdfファイルを開く