有機酸事業承継の事業譲渡契約締結について

2014年7月3日
三井化学株式会社
扶桑化学工業株式会社

三井化学株式会社(本社:東京都港区、社長:淡輪敏、以下「三井」)と、扶桑化学工業株式会社(本社:大阪府大阪市、社長:赤澤良太、以下「扶桑」)は、今般、有機酸事業承継について事業譲渡契約を締結しましたのでお知らせ致します。

両社は、2014年5月16日付けの「有機酸事業承継の基本合意について」にて発表しましたとおり、扶桑が三井の有機酸事業を譲り受けることで基本合意に達し、今般詳細条件について確定致しました。

今後、両社は事業譲渡の完了を目指し、準備を進めてまいります。

<承継事業の概要>

項目 内容
製品名および生産能力 無水マレイン酸: 3.2万トン/年
フマル酸: 1.5万トン/年
生産拠点 三井鹿島工場内(茨城県神栖市)
売上高 約50億円
譲渡額 棚卸資産、固定資産等を含めて10数億円(譲渡時に最終決定)
事業譲渡日 営業権: 2014年10月1日
生産設備: TDI設備等の撤去工事終了後(2017年度上期中を目途)
(生産設備承継までの間は、三井が製造受託し、扶桑に製品を供給する。)

<ご参考>

2014年5月16日付け発表 「有機酸事業承継の基本合意について」

三井ホームページ: https://www.mitsuichem.com/jp/release/2014/2014_0516.htm
扶桑ホームページ: http://www.fusokk.co.jp/up/ir/dat1120/file01cEfDf9cDg3.pdf

以上

本件に関するお問い合わせ先

三井化学株式会社 IR・広報部TEL:03-6253-2100
扶桑化学工業株式会社 東京業務推進部TEL:03-3639-6311

有機酸事業承継の事業譲渡契約締結について (PDF : 68.6KB)pdfファイルを開く