STABiO®が日本接着学会「技術賞」を受賞

~新規環境対応型のポリイソシアネートの開発と実用化~

日本語English

2018.06.19

三井化学株式会社

三井化学株式会社(東京都港区、社長:淡輪 敏)は、一般社団法人日本接着学会(会長:竹村 彰夫)より「技術賞」を受賞し、2018年6月14日の第56回日本接着学会年次大会において表彰を受けました。当社における世界初の植物由来のイソシアネートであるPDI®およびそれを用いたポリイソシアネート系硬化剤「STABiO®(スタビオ®)」の開発と実用化が高く評価されたものです。

受賞名: 日本接着学会 平成30年度(第40回)技術賞
受賞研究名: 新規なバイオイソシアネート(STABiO® PDI®)を用いたポリイソシアネート系硬化剤の開発と実用化
受賞者: 三井化学株式会社
フード&パッケージング事業本部 コーティング・機能材事業部
ウレタン開発グループリーダー 山崎 聡(九州大学 客員教授)
研究開発本部 合成化学品研究所 主席研究員 森田 広一
研究開発本部 合成化学品研究所 主任研究員 中川 俊彦
研究開発本部 研究開発企画管理部 シニアアナリスト 進藤 敦徳
三井化学エムシー株式会社
技術部 生産技術グループリーダー 武内 寛
左より:武内、中川、竹村日本接着学会会長、
森田、進藤、山崎
製品名 STABiO®(スタビオ®)
製品 PDI®(1,5-ペンタメチレンジイソシアネート)およびポリイソシアネート系硬化剤
特長
  1. 既存のHDI(1,6-ヘキサメチレンジイソシアネート)系を上回る高い反応性
  2. 塗料や接着剤製品の耐薬品性向上、塗料の耐傷付き性向上、高光沢を実現
  3. 無黄変性
  4. バイオマス度70% (PDI®)
主な用途 自動車用塗料、プラスチック用塗料、粘接着剤など

STABiO®は、三井化学が世界で初めて開発した、植物由来のイソシアネートであるPDI®およびそれを用いたポリイソシアネート系硬化剤です。従来のポリウレタン材料にはない耐薬品性、耐傷付き性、高光沢を活かして、塗料や接着剤製品として使用されています。反応性が高いので、低温での硬化あるいは硬化時間の短縮が可能で、省エネルギー化にもつながります。また、植物由来のために環境にもやさしい製品です。軽量で割れにくい透明樹脂や独特の柔らかさがあるゲルなど、新しい質感を求める用途でも開発が進んでいます。

三井化学はSTABiO®を用いて広く社会に貢献すべく、モビリティ、ヘルスケアおよびフード&パッケージングの分野を中心に、用途開発を加速してまいります。

本件に関するお問い合わせ先

三井化学株式会社 コーポレートコミュニケーション部
TEL 03-6253-2100 03-6253-2100