PLGA®

徐放性医薬品基材

日本語English

三井化学のPLGA®は、薬剤の放出制御に用いられている、高品質な添加剤です。

主な用途

徐放性医薬品基材

用途分類
特性分類

放出制御

  • 基本情報
  • 特性詳細

概要

PLGA®は、徐放性医薬品基材です。

特性

PLGA
  • 低残存溶媒
  • 広いレンジで分子量制御可能
  • ドラッグ・マスター・ファイルに登録済み
    - FDA(USA)
    - Health Canada(Canada)
  • cGMPに準拠した生産体制
さらに詳しい情報が必要な方はお問い合わせくださいませ。

産業(商業)使用にご関心のある方専用です。
PLGAを年間5kg以上ご入り用の医薬品関係の方は、お問い合わせくださいませ。
量産・品質面で、個別にご協力いたします。

特性

特性
  • 加水分解して、グリコール酸と乳酸になります
  • 共重合組成や分子量によって、分解挙動が異なります
物理的特性
CAS No. 26780-50-7
組成式 ( C4H4O4 )x ( C6H8O4 )y
色相 無色~淡黄色
におい 無臭
Tm(融点)/℃
Tg(ガラス転移点)/℃ 45-55
溶解性 CH2Cl2
CHCl3
DMF
DMSO
THF
標準グレードの物性
銘柄1) 共重合組成比 溶液粘度2) 分子量3) 残存モノマー スズ分 重金属分 灰分
mol% dL/g kDa % ppm ppm %
GLD LTD     GLD LTD      
PLGA
5-50
45-55 45-55 0.45-0.60 (50-55) < 2.0 < 2.0 < 50 < 10 < 0.1
PLGA
75-75
20-30 70-80 0.72 – 0.80 (78 – 85) < 2.0 < 2.0 < 50 < 10 < 0.1
PLGA
75-65
0.60-0.70 (62-76)
PLGA
75-50
0.45-0.55 (50-60)
  • 銘柄の命名:PLGA MM-VV, LはLactideの組成比(mol%), Mは溶液粘度中央値
    (例)
    PLGA 5-50の場合 :Lactide 50mol%で,溶液粘度 0.50 dL/g
    PLGA 75-65の場合:Lactide 75mol%で,溶液粘度 0.65 dL/g
  • 溶液粘度:0.5 g/dL (Chloroform), 25 ℃
  • 分子量:GPCで測定(標準試料 = PS,溶離液= THF)

※年間5Kg以上のご用命をいただければ、特別銘柄も生産対応いたします。

製品に関するお問い合わせ

パーソナルケア材料事業部
TEL03-6253-3815
FAX03-6253-4236