セリンL-/D-/DL-

セリンL-/D-/DL-

安心の国内・専用プラントで製造した医薬原料

セリンはセリシン(絹糸に含まれる蛋白質の一種)の加水分解物から1865年に初めて単離された非必須アミノ酸の1種です。

主な用途

医薬原料

用途分類
  • 基本情報
  • 特性詳細

概要

L-セリンは医薬品として輸液製剤などに用いられるほか、化粧品添加剤としても利用されています。加えて近年は食品添加物としての使用が認められるなど、その応用範囲が広がっています。また、3種のセリンはいずれも様々な医薬原体の原料として用いられています。

製品名 CAS番号
L-セリン 56-45-1
D-セリン 312-84-5
DL-セリン 302-84-1

品質

  • 日本薬局方規格準拠( L-セリン)
  • 医薬部外品原料規格準拠( L-セリン)
  • BSE / TSEフリー
  • EU GMP認証( L-セリン)

〈ご注意〉 タウリンに関する規制は国と地域によって異なります。ご使用前に法令を十分にお確かめ下さい。

用途

医薬品
  • 輸液製剤
  • 医薬品原料
化粧品
  • 保湿クリーム
  • 美溶液
食品
  • サプリメント

荷姿

50kg ファイバードラム

監査履歴

  • GMP監査(EDQM)
  • その他顧客監査多数

一般規格

※分析法は日本薬局方に準ずる。

PDFカタログ

製品に関するお問い合わせ

パーソナルケア材料事業部
TEL03-6253-3815
FAX03-6253-4236