特集 : ESGを経営の中核に据える

世界中で、SDGsをはじめとする社会課題の解決に向けた取り組みが加速し、企業への要請が高まっています。持続可能な社会の実現には、ソリューション提供を通じて、企業自身が成長しながら継続的に社会価値を創造していくことが不可欠です。そのため企業にとって、ESGの視点で機会とリスクを的確に捉え、経営に反映させていくことがより重要になっています。
当社グループは、これまで進めてきた経済・環境・社会の3軸経営を深化させ、ESGを中核に据えた経営を行っていくことを表明し、2018年4月、ESG推進室を新設しました。目的は、ESGの要素を経営や事業戦略に組み込むとともに、ステークホルダーの皆様に向けたESG情報開示を強化していくことにあります。

三井化学グループのサステナビリティ

SDGs等で示されているグローバルなESG課題に対し、下記を通じて、
社会および当社グループの持続可能な発展を目指します。

  • ビジネス機会を探索し、事業活動を通じた課題解決を図ること
  • 当社グループの将来リスクを認識し、企業として社会的責任を果たすこと

取り組み課題

ESG要素の経営/戦略への組み込み

  • 取締役会・全社戦略会議における戦略討議と経営への反映
  • 事業・R&Dを巻き込んだ事業創出とイノベーション促進

ESG情報開示力の強化

  • 投資機関・顧客・ESG評価機関への訴求力向上
  • ESG対話の強化

ESG要素の経営/戦略への組み込み

持続可能な経営のためには、SDGs等の長期的な社会課題を事業機会と捉えてイノベーションを促進するともに、将来リスクを軽減し、経営のレジリエンスを高めていくことが重要です。
ESGを経営の中核的なテーマとして、取締役会やESG推進委員会等で方向性を討議し、各部門の戦略への落とし込みを進めていきます。中でも、長期経営計画のKPIとして定めた、環境・社会に貢献するBlue Value®、Rose Value製品の積極的な拡大に向けて、事業・研究部門との討議を深めていきます。
また、ESGの取り組みを社員一人ひとりの具体的な活動に繋げるには、各人がESGの重要性を認識し、社会課題起点で発想する意識変革が不可欠です。各部門でのESGに関するディスカッションや、組織を横断した社会課題ワークショップ等の活動も進めています。

ESG情報開示力の強化

ESGを含む非財務情報の重要性が高まる中、株主・投資家、お客様をはじめとするステークホルダーの方々にとって有用な情報の開示に努めています。事業活動が環境・社会に及ぼす影響への配慮や課題解決への取り組み、持続的に価値を生み出す源泉となる人材の育成等、リスクと機会の両面で情報開示を行っていきます。
また、対話の機会として、機関投資家・アナリストの方々向けにESGに関するIRミーティングも開催しています。取り組みをご説明すると同時に、いただいたご意見を真摯に受け止め、経営への反映や情報開示の改善に努めていきます。

黒田社外取締役×ESG推進室 意見交換

黒田社外取締役

黒田 由貴子
社外取締役
(株)ピープルフォーカス・コンサルティング
取締役・ファウンダー

新たにESG推進室を立ち上げ、ESGの取り組みを強化するにあたって、当社グループがどのように持続可能な成長を目指していくかなど、黒田社外取締役にご意見を伺いました。

ESG 推進室

当社の取り組みについて、ご意見をお聞かせください。

黒田社外取締役

サステナビリティ・ESGの考え方は、企業グループ理念や3軸経営の考え方、2025年に向けた長期経営計画にもすでに十分に組み込まれていると思っています。いかにそれを実質的に進めていけるか、実効性を高めるためにESG推進室が機能していくものだと、大変期待しています。

ESGの考え方の社内の認知度向上や事業への組み込みについては、時間がかかるかもしれませんが、できるだけ前倒しで進めてほしいと思います。各組織がESGの考え方を理解し、目標・評価に取り入れ、具体策が動き始めれば、自走していくのではないかと思います。

ESG 推進室

ESG推進室では、「社会課題起点で考える」という発想の転換について、有識者の講演会やワークショップなども取り入れた浸透活動を進めていきたいと思っています。

黒田社外取締役

研究開発部門と組んで、新製品を作っていく一つの手法として「社会課題から発想する」という考え方を取り入れることは、大変有効だと思います。SDGsのような社会課題をロジカルにブレークダウンして、当社が解決に貢献できることは何かと考える手法も1つではありますが、社会課題の現場や社会のひとりひとりのニーズに寄り添い、共感から得られる発想というものもあるのではないかと思います。

また、既存の製品でも、社会に貢献している製品はたくさんあると思います。化学は外から見て、何をやっているかが分かりにくい。社外に対しても社内に対しても、もっと社会への貢献を見える化して、分かり易く示していくことが重要だと思います。

ESG 推進室

Blue Value®やRose Valueはその発想で作ったものです。もっと情報を発信し、浸透させていきたいと思います。

黒田社外取締役

私はBlue Value®やRose Valueの目標は、売上高の各30%と言わずに、もっと上を目指してほしいと思っています。

また、難しいとは思いますが、売上高以外に、社会へのインパクトを何らかの方法で数字で見せていくことが大事ではないでしょうか。例えば、Blue Value®製品が顧客を通じて使用されたときに、「○〇がどのくらい削減できた」とか、「○○が増加できた」といったように、社会価値の数値化、見える化ができるといいのではないかと思います。

ESG 推進室

最後に、当社への期待などをお願いします。

黒田社外取締役

ESGの考え方は、これまでの狭い意味でのCSRとは異なり、単なる社会貢献のためではなく、企業自身のサステナビリティにつながるよう経営資源の投入を行い、企業が社会ともに成長していこうというものです。ですから、決して社会のためになれば何でもいいという訳ではありません。

「三井化学グループが、2025年、さらにその先まで事業を継続していくためには、どう投資をすればいいのか。」この問いかけは、「三井化学グループは何を目指し、どこに向かっていくのか。」という問いかけでもあります。社員の一人一人が、目指すべき方向について真剣に考えるきっかけにしていただきたいと思います。

このような話をできるようになったこと自体が良いことだと思います。社外取締役の勉強会でもESGをテーマに取り上げて、三井化学グループのサステナビリティについて議論をしていきたいと思います。

ESG 推進室

是非、様々な角度からご意見をいただき、ESGの取り組みの実効性を高めていきたいと思います。社会価値と企業価値を両立させ、持続可能な成長を目指していきます。

黒田社外取締役とESG推進室メンバー
黒田社外取締役とESG推進室メンバー
(左から伊東、右田室長、黒田社外取締役、阿部)
  • Get Adobe Acrobat Reader

    最新のAdobe Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。