マネジメントシステム プラスチック戦略 気候変動対応方針

マネジメントシステム

基本的な考え方

プラスチックは、機能の高度化を通じてフードロス削減やエネルギー効率の改善等、生活に利便性をもたらし、社会課題の解決に貢献してきました。一方で、化石資源・エネルギーを使用し、多くのGHGを排出して製造するため、気候変動への影響が大きく、昨今ではこれに加えて海洋プラスチックごみも大きな問題となっています。
三井化学グループは、プラスチックを中心とする製品・サービスを提供する化学企業として、気候変動とプラスチック問題は、真摯に取り組むべき重要な社会課題ととらえています。この課題解決には、資源を消費して廃棄するという一方通行の経済から、資源を回収して再生・再利用する循環経済への転換が必須です。そのためには、気候変動対応とプラスチック問題を一体の課題として捉えることが重要であると考えています。三井化学グループは、LCA(ライフサイクルアセスメント)の観点を導入し、両面から循環経済の実現に取り組んでいきます。

体制・責任者

ESG推進委員会担当役員が責任者です。
気候変動およびプラスチックごみ問題への対応に関する方針・戦略・計画・施策は、ESG推進委員会にて審議します。審議結果は、経営会議に報告しています。また、必要に応じて全社戦略会議や経営会議での討議・審議を経て、取締役会にて決定、監督されます。なお、気候変動とプラスチックごみ問題各々についてESG推進委員会の配下に分科会を設置し、詳細な議論を行っています。

進捗

気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)の提言への賛同、気候変動対応方針、プラスチック戦略、Alliance to End Plastic Waste(AEPW)への参加等を上記のガバナンス体制を経て決定しました。

  • Get Adobe Acrobat Reader

    最新のAdobe Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。