方針

方針・基本的な考え方

気候変動による悪影響が年々増大し、世界共通の社会課題となっています。多くの国々がパリ協定に基づくGHG削減目標の設定、SDGsなどを活用した気候変動の影響最小化を通じた持続可能な社会の実現を目指しています。
化学企業は、化石資源・エネルギーを活用し、製品・サービスを提供しています。三井化学グループは、持続可能な社会を構築していくために、製品のライフサイクル全体を通じたGHG削減に大きな貢献ができると考えています。

三井化学グループ 気候変動対応方針

三井化学グループは、気候変動対応を最優先課題と考え、グローバルバリューチェーンでの協働・共創を推進してまいります。

緩和

GHG削減推進による
低炭素社会の実現

機会・リスク
製造における低炭素化
  • 省エネ、再生エネルギー
  • 原料・燃料転換
製品によるGHG削減
  • Blue Value®製品
リサイクル技術向上
  • 素材・デザインの革新
バリューチェーンによる貢献最大化

適応

気候変動リスクに強い
健康・安心な社会の実現

機会・リスク
水セキュリティ強化
  • 生産拠点のリスク対応
  • 水資源の有効活用
適応製品群の拡大
  • Rose Value™製品
  • 防災減災関連製品
バリューチェーンのレジリエンス強化

TCFD支持

三井化学は、金融安定理事会(FSB)により設置された「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」の提言への支持を表明しました。当社は、気候変動関連の課題解決につながる製品、サービス、技術の提供を通じて、GHG削減強化による低炭素社会の実現と、気候変動リスクに強い健康・安心な社会の実現に貢献していきます。継続的に気候関連のリスクおよび機会に関する自社の理解を深化させ、その取組みを開示することを明言し、TCFDの提言への支持を表明します。

三井化学、気候関連財務情報開示タスクフォース提言への支持を表明

  • Get Adobe Acrobat Reader

    最新のAdobe Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。