Mitsui Chemicals

環境保全

大気

大気汚染防止法で規定された有害大気汚染物質のなかでも、健康に対するリスクが高いと考えられる優先取り組み物質について排出量の削減を図っています。
揮発性有機化合物(VOC)排出量については、日本政府は「2010年度までに固定排出源からのVOC排出量を2000年度比で30%削減する」という目標を掲げました。当社の場合、2000年度の排出量が8,523tであるため5,966t /年が目標になりますが、さらに厳しい3,000t /年以下という目標を掲げて2010年度までに大幅に削減し達成しました。以後この水準を保てるように管理に努めています。

揮発性有機化合物(VOC)排出量

有害大気汚染物質排出量

三井化学単体では、1,574tで、目標の3,000t以下を達成(2017年度)。

NOx排出量

揮発性有機化合物(VOC)排出量

SOx排出量

ばいじん排出量

三井化学単体の集計範囲:本体生産拠点および袖ヶ浦センター。
国内外関係会社の集計範囲:連結子会社およびレスポンシブル・ケア支援対象関係会社の生産拠点。

有害大気汚染物質排出量(三井化学単体)

上記以前の排出量
771t(1995年度)、445t(2000年度)、110t(2005年度)