マネジメントシステム 監査 グローバル展開

マネジメントシステム

方針・基本的な考え方

レスポンシブル・ケアとは、化学製品によって生活の質を改善し、社会の持続的発展に貢献するために、世界の化学産業が統合的に推進している活動のことです。各企業は、化学製品の全ライフサイクルにわたって安全、健康、環境および品質を確保する活動を自主的に実施し、活動の成果を公表するとともに、地域社会と対話を行います。レスポンシブル・ケアの活動は全ライフサイクルにわたるため、この活動の理念は化学製品を製造する化学産業だけなく、化学製品を使用するすべての産業にも適用できるものと考えています。

レスポンシブル・ケア ロゴ

三井化学グループは、当社グループで実施するレスポンシブル・ケアに関し、レスポンシブル・ケア基本方針によって基本的事項を定めています。この方針に従って、安全・保安、環境保全、労働衛生、プロダクトスチュワードシップ、製品とサービスの品質、物流におけるレスポンシブル・ケア活動を推進しています。その取り組みを通じて地域と社会の期待と信頼に応え、社会と化学産業の持続可能な発展に貢献していきます。

レスポンシブル・ケア基本方針は、三井化学グループの「保安の確保に関する理念、基本方針」に位置付けられています。国際化学工業協会協議会(ICCA)が策定したレスポンシブル・ケア世界憲章の理念をふまえて策定しました。

レスポンシブル・ケア世界憲章:
レスポンシブル・ケアの共通のグローバルビジョンをつくるため、また、持続可能性とプロダクトスチュワードシップへ特別の注意を払いながら、化学企業の環境・衛生・安全活動を改善するために、2006年にICCAが発表したもの。2014年に改訂され、現在は、500以上の化学企業のCEOが署名。

レスポンシブル・ケア世界憲章

2014年レスポンシブル・ケア世界憲章署名企業

レスポンシブル・ケア基本方針

三井化学グループは、企業理念及び行動指針に基づき、法令遵守はもとより安全、健康、環境及び品質の継続的改善により地域と社会の期待と信頼に応え、社会の持続可能な発展に貢献することが私たちの務めと認識し、関係する人々や企業との良好なコミュニケーションを図り、事業活動を展開していきます。

  • 「安全はすべてに優先する」を私たち全員が心に刻み、無事故・無災害の実現を徹底して追求します。
  • 製品のライフサイクルにわたる人と環境へのリスクを評価し、人々の健康の確保と環境負荷の低減を図ります。
  • 技術・製品の開発等の事業活動を通じて人々の生活の質の向上と地球環境の保全に貢献します。
  • お客様が満足する製品とサービスを提供し、お客様の信頼に応えます。
  • 従業員の心と身体の健康増進に積極的に取り組みます。

1997年10月1日制定
2015年9月1日改正

また、レスポンシブル・ケア基本方針を三井化学グループ全体に浸透させるためガイダンス を作成しました。レスポンシブル・ケア基本方針とガイダンスは、英語、中国語、韓国語、マレー語など8カ国語に翻訳し、グループ全体に展開しています。

そのほか、関係会社におけるレスポンシブル・ケア活動をより推進するため、レスポンシブル・ケア世界憲章の各条項を基に、当社の基本方針や関係会社のレスポンシブル・ケアの体制等を考慮した宣言書として汐留マニフェスト を作成しました(日本語版、英語版、中国語版)。社則で定めたレスポンシブル・ケア支援対象関係会社全社の社長が署名しました。

レスポンシブル・ケア支援対象関係会社:
化学物質を製造あるいは取り扱う関係会社(本体工場の工場長がレスポンシブル・ケア運営の責任を持つ工場構内関係会社などは除く)。

体制・責任者

レスポンシブル・ケア委員会担当役員が委員長を務めるレスポンシブル・ケア委員会を年3回開催し、レスポンシブル・ケア活動に関する方針・戦略および計画の策定、実績評価、レスポンシブル・ケアに関するシステムの見直しを行っています。常任委員である各部長(RC・品質保証部長、安全・環境技術部長、生産・技術企画部長、物流部長、人事部長)は、それぞれの所管のレスポンシブル・ケア活動に関してレスポンシブル・ケア委員会で報告します。レスポンシブル・ケア委員会での審議および討議内容は、レスポンシブル・ケア委員会担当役員が責任を持ち、経営会議へ報告され、経営層のレスポンシブル・ケアへのコミットメントを確実にしています。

レスポンシブル・ケア マネジメント体制

レスポンシブル・ケア マネジメント体制 レスポンシブル・ケア マネジメント体制

レスポンシブル・ケア委員会の役割

  • レスポンシブル・ケア活動に関する全社横断的な方針・戦略・計画・施策の立案
  • 全社における通年および四半期ごとのレスポンシブル・ケア活動の実績評価
  • レスポンシブル・ケアの社内広報および周知
  • レスポンシブル・ケア監査実施結果の評価
  • レスポンシブル・ケア システムの見直し等の重要事項の検討

レスポンシブル・ケア委員会の構成

委員長松尾代表取締役専務執行役員(CTO)
副委員長小川特別参与
常任委員生産・技術本部長、各事業本部企画管理部長、研究開発企画管理部長、生産・技術企画部長、安全・環境技術部長、RC・品質保証部長、購買部長、物流部長、人事部長、経営企画部長、関係会社統括部長、コーポレートコミュニケーション部長、ESG推進室長、内部統制室長、委員長が指名する者
オブザーバー常勤監査役、労組中央執行委員長、委員長が指名する者
事務局RC・品質保証部

レスポンシブル・ケアの担当部署は常に情報交換を行って、全社に関わるレスポンシブル・ケア活動の推進を図っています。各部署の代表者による定例会議を月1回開催しています。また、事業部など部署ごとにRC担当者(レスポンシブル・ケアの担当者)を選任し、RC担当者会議(年2回)を通じて、レスポンシブル・ケア活動に関する方針・戦略を全社に展開しています。これらの方針、戦略に基づき、工場、事業部などの各部署で具体的な活動を実施しています。

国内、海外関係会社に対しても、各所管部署が具体的な活動を支援するなど、三井化学グループ全体でレスポンシブル・ケア活動の推進に取り組んでいます。国内関係会社と情報交換会を年2回開催し、レスポンシブル・ケア活動に関する方針や活動実績の共有を図っています。海外関係会社においては、地域ごとにSHE会議を開催し、レスポンシブル・ケアに関する方針・戦略を共有して、当社グループ全体でのレスポンシブル・ケアを推進しています。

SHE:Safety(安全)、 Health(衛生)、Environment(環境)。

内部監査

レスポンシブル・ケアの実施状況は、定期的な監査によって評価が行われ、その結果を基に次年度の計画が立案されます。監査結果はレスポンシブル・ケア委員会に報告されます。詳細はこちらをご覧ください。

各国の化学工業協会への参画

各協会へレスポンシブル・ケア活動実績を報告し、化学産業の社会に対する透明性確保に努めています。
報告先:日本化学工業協会、中国国際化学製造商協会(AICM)、シンガポール化学工業協会(SCIC)、タイ工業連盟(FTI)、アメリカ化学工業協会(ACC)、台湾レスポンシブル・ケア協会(TRCA)
また、各協会での活動を通して得た情報から、経営課題となる可能性がある課題を経営層へ報告しています。

イニシアティブの支持

振り返り・課題

2018年度目標として掲げた項目のうち、いくつかの項目は目標を達成できませんでした。レスポンシブル・ケア委員会において、その原因と対策を検討し、2019年度の活動計画を策定しました。

具体的な活動については、レスポンシブル・ケアの各ページをご覧ください。

  • Get Adobe Acrobat Reader

    最新のAdobe Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。