Mitsui Chemicals

レスポンシブル・ケア方針とマネジメント

業界団体のレスポンシブル・ケア活動への参画

三井化学グループは、各国の化学工業協会でのレスポンシブル・ケア活動を推進する立場にあります。

日本化学工業協会(日化協)において、RC・品質保証部長が2010年のレスポンシブル・ケア委員会設置時から幹事会委員および2010年から化学品管理委員会の委員を務め、国内のレスポンシブル・ケアの展開へ貢献しています。また、当社社員が会員交流ワーキンググループに委員として参加し、日化協会員会社間の交流を図り、レスポンシブル・ケア活動のベスト・プラクティスの共有化を進めています。
また、2018年5月に、当社社長が日化協の会長に就任しました。

国際化学工業協会協議会(ICCA)においても、当社社長が2014年から理事を、当社参与が2016年から「レスポンシブル・ケア」リーダーシップ・グループ(RC-LG)の副議長とアジア太平洋レスポンシブル・ケア機構(APRO)の議長を務めています。また、当社社員が2015年から各リーダーシップ・グループ合同の「キャパシティ・ビルディング」タスクフォースの共同議長を、2018年から「エネルギーと気候変動」リーダーシップ・グループの議長を務め、国際的なレスポンシブル・ケアの展開へ貢献しています。