Mitsui Chemicals

安全・保安

安全・保安訓練

三井化学では、大規模地震・津波に備えた緊急停止訓練、避難訓練および工場緊急時対応としての消火・緊急呼び出し・通報などの各種防災訓練を実施しています。今後も計画的かつ継続的に各種訓練を実施し、関係官庁、地域との連携を図っていきます。

保安防災訓練など

三井化学では緊急時の対策として、消火・緊急呼び出し・通報などの各種防災訓練や、公設消防隊、警察署などとの合同訓練を積み重ね、緊急時対応の検証と不具合の改善を行うことで自衛防災力の向上を図っています。各工場の職場ごとに年間計画を作成し、それぞれの業務に応じた内容の訓練を実施しています。ほかにも工場全体での総合防災訓練も定期的に企画し、公設消防隊と自衛消防隊が一体となった訓練や、警察署も参加した訓練を実施しています。また、企業間の相互援助訓練として、公設消防隊や近隣企業を交えた共同防災訓練も実施しています。以下に事例を紹介します。

市原工場

休日夜間に装置からの可燃性液体の漏えい・着火を想定し、自衛消防組織と公設消防および近隣企業の共同防災隊との合同による工場総合防災訓練を実施しました。休日夜間においても各防災組織と連携した防災活動が確実に実施できることを確認しました。

市原工場茂原分工場

タンク内の危険物の異常反応による火災を想定し、公設消防本部と連携した工場総合防災訓練を実施しました。訓練では災害発生時における初動体制や、各班・各人の役割を確認しました。

名古屋工場

東海・南海トラフ等の巨大地震が発生した時を想定し、事故が発生した場合の被害拡大防止を目的とする総合防災訓練を実施しました。訓練では地震発生時の身の安全を確保するシェイクアウト訓練も合わせて実施し、全従業員が迅速かつ適切に行動できることを確認しました。

大阪工場

堺・泉北臨海特別防災地区協議会の総合防災訓練と合わせ、装置からの可燃性物質の漏えい・着火を想定し、大阪府や堺市消防局などの行政機関並びに協議会加盟各社と合同で工場総合防災訓練を実施しました。訓練では災害への対応のほか、関係行政や近隣企業との連携についても訓練を行いました。

岩国大竹工場

平日昼間、プラントに設置されているガス検が作動、配管に設置している安全弁の取り付けフランジ部より高圧ガスの漏えい、静電気による着火を想定し、工場総合非常訓練を公設消防と合同で実施しました。装置の緊急停止と災害鎮圧活動などの訓練を積み重ね、防災力の強化を図っています。

大牟田工場

新プラントでの可燃性液体の漏えい・火災を想定し、公設消防本部と連携した工場総合防災訓練を実施しました。また、訓練では近隣住民の避難・誘導のための情報伝達方法や広報活動等に至る一連の災害対応まで、警察署および市防災対策室にも視察していただき、関係行政との連携を検証しました。


化学消防車での防災活動(市原工場)


消火活動(市原工場茂原分工場)


漏えい物質流出防止のための土嚢積み
(名古屋工場)


消火活動(大阪工場)


消火活動(岩国大竹工場)


現場指揮所での指示(大牟田工場)

地震・津波対応訓練

三井化学では、各事業所地域で想定される大規模地震・津波に備えた緊急停止訓練や避難場所への避難訓練などを実施しています。
以下に事例を紹介します。

市原工場

地震発生と東京湾内湾に大津波警報が発令されたことを想定し、ルールに基づき、装置の緊急停止訓練と避難訓練を実施しています。
避難訓練では約2,600人の社員・協力会社員が参加し、避難場所の位置・避難ルートの確認および避難場所での人員確認を行い、避難に関する基準の確認を実施しました。避難訓練を重ねることで安全に避難完了までの時間短縮が図られています。

大阪工場

大阪府主催の「大阪880万人訓練」に合わせ、南海トラフ地震に伴う大津波警報発令時の初動対応と津波避難場所への避難訓練を実施しています。地震発生時の初動対応と避難方法の習熟訓練を行うとともに、防災意識の高揚と訓練の検証を行い地震・津波対策の改善を図っています。

大牟田工場

「高圧ガス危害予防規定」に基づき、地震発生とともに地震による高圧ガスが漏えいしたことを想定し、避難訓練を実施しました。各職場で地震発生時の状況に応じた避難ルートおよび指定避難場所を選定し、臨場感のある訓練を行いました。


津波避難場所での人員確認訓練(市原工場)


地震避難場所での人員確認訓練(大阪工場)


地震発生時の避難訓練(大牟田工場)

岩国大竹工場自衛防災組織 消防庁長官賞(奨励賞)を受賞

岩国大竹工場の自衛防災組織が、総務省消防庁主催の2017年度「石油コンビナート等における自衛防災組織の技能コンテスト」において、消防庁長官賞(奨励賞)を受賞しました。
この技能コンテストは、防災要員の技能および士気の向上を図ることを目的として、2014年度から実施されており、大型化学高所放水車および泡原液搬送車を使用した隊員等の安全管理や消防車両および消防用資機材等の確実な操作等を競うものです。
今回の受賞は、岩国大竹工場の自衛消防隊の消防操作技術や規律について評価をいただいたものであり、当コンテスト開始以来4年連続の受賞となりました。今後も日々の訓練を積み重ねて防災技術の向上につなげ、工場のさらなる安全・安定運転に邁進していきます。


自衛消防組織


競技の様子