Mitsui Chemicals

安全・保安

安全・保安研修

三井化学グループは危険に対する高い感性を持つ人材の育成やグループ全体への安全文化の浸透に向けて、研修など様々な取り組みを実施しています。

安全の日

三井化学は、レゾルシン製造施設爆発火災事故を風化させないために、4月22日を「安全の日」に制定しています。2018年度も、国内の各生産拠点と本社で「安全の日」の取り組みを行いました。昨年に引き続き本年度も、臨場感と緊張感を共有することを目的として、社長による安全訓話の模様を計6拠点に同時中継し、「安全はすべてに優先することを、心に刻んで行動する」ことを全員で誓い合いました。また拠点ごとに、社内外の講師の方々による安全講演会等を開催しました。

2018年度「安全の日」各拠点での講演会等

拠点 出席役員、
本社部長
同時中継 講演者 演題
市原工場 奈良 和春 氏 有人宇宙システム(株) 「ノンテクニカルスキル」による一層の安全のための5つのヒント
市原工場茂原分工場
(技術研修センター、
茂原研究・
開発センター含)
綱島本部長 実施 楠神 健 氏 JR東日本
研究開発センター
安全管理における「管理者やリーダーの基本動作」を考えてみよう!
名古屋工場 菅野 康弘 安全・環境技術部 保安技術G (保安技術教育)
大阪工場 田村 昌三 氏 東京大学名誉教授 化学プラントの安全化に向けて〜安全の基本と安全環境の醸成〜
岩国大竹工場 松尾専務
岩永部長
実施 中村 昌允 氏 東京工業大学
特任教授
重大事故から学ぶ これからの安全管理
大牟田工場 実施 伊藤 東 氏 安全工学グループ代表(元デンカ) 自主的安全活動に於ける役割分担
袖ヶ浦センター 東瀬 朗 氏 新潟大学
特任准教授
研究所の安全文化の向上
北海道三井化学 実施 佐々木 工場長 北海道三井化学(株) 北海道工場の事故史
下関三井化学 実施 村田 耕三 氏 山口県 総務部
消防保安課
山口県の高圧ガス保安行政について
三井化学SKC
ポリウレタン
徳山工場
実施 (岩国大竹工場から中継) (岩国大竹工場から中継) (岩国大竹工場に同じ)
三井化学本社 淡輪社長
久保副社長
ほか本社在勤役員等
実施 (本社行事:事故を振り返って)
後日、本社「安全を誓う式」での社長による安全訓話の動画を配信。
2018年4月22日は日曜日のため4月20日(金)に行事を実施しました。

本社「安全を誓う式」社長による安全訓話の様子本社「安全を誓う式」社長による
安全訓話の様子

KY(危険予知)・指差し呼称

三井化学グループでは、本体工場および国内外の関係会社でKY・指差し呼称の定着化と活性化に向けた取り組みを行っています。

本体工場では、工場ごとに計画、実施、評価、改善を行いレベルアップにつなげています。そのなかでも、危険なことを危険と認識し、それを防ぐ安全行動ができる人材の育成が重要であるとの考えから、各工場においてKY教育を継続して実施しています。
また、活動の推進役として各工場にはKY指導員が選任されており、1回/期に全体会議を開催しています。会議では各工場の取り組み状況の報告や本社からの連絡等を行い、情報共有をすることで、自工場KY活動の参考にしています。

国内外関係会社のKY・指差し呼称についても、安全・環境技術部で継続して研修支援を行っています。関係会社すべてで危険予知活動、指差し呼称の意義や必要性は理解されており、それを実際の作業に活かし、定着化につなげるよう支援しています。
研修は実作業に即した演習、発表やチーム討議を取り入れ、自分たちの日常の作業を振り返り、より安全行動が取れるよう意識付けをしています。KY・指差し呼称の定着には、特にキーマンが必要であり研修を通じて育成を進めています。

KY研修実績

  一人・ 1回当たりの研修時間
hr/人
受講者数
2017年度
三井化学 3.5 608
国内関係会社 3 411
海外関係会社 4 122
1141

ヒヤリハット活動

三井化学の各生産拠点では、作業に伴い各人がヒヤッとしたこと、ハッとしたこと(ヒヤリハット)を摘出し、組織内でそれらの情報を共有する活動を継続して実施しています。 各生産拠点の労働安全衛生マネジメントシステムに則り、それらヒヤリハットの発生原因や予防対策を組織で決めて、関係者に周知啓発し、実作業におけるハード/ソフト対策を企画実行しています。三井化学は、それら予防対策の実施に際し、必要な資源を継続して確保しています。代表的な具体的活動例は以下のとおりです。

市原工場

職場の従業員から提出された想定ヒヤリ事例より危険性の高いものを抽出し、その対応策について検討する活動を実施しています。毎月1回、職場内から選抜された有識者により検討会を開催し、危険性に応じた対策を検討するとともに、検討会の参加メンバーが対策実行のリード役を務め、職場内への周知を行っています。また、これまでに実施されたヒヤリハット対策の維持管理状況の確認も進めました。この検討会により、自職場に潜在する行動災害リスクの早期発掘や未然防止を図っています。

想定ヒヤリ:
作業手順や行動パターンを各人がイメージして、ヒヤリハットにつながる危険があると感じた事例。実際に体験したヒヤリハットとは区分する。

小集団活動

三井化学の各工場では、工場の特性を鑑み、生産現場力強化、意識改革・人材育成、職場活性化、業務改善などの課題や困っていることに対して、少人数のグループ単位で活動を行う小集団活動を実施しています。この活動を通じて、一致団結し、工場活性化のボトムアップを図っています。
活動の成果は発表会を通じて工場全体で共有化し、好事例を表彰することでモチベーションアップにつなげています。また、職場の活動の参考にするなど水平展開し、職場および工場全体の活性化とレベルアップを推進しています。代表的な活動例は以下のとおりです。

大牟田工場

2018年2月16日に大牟田工場で小集団活動発表会を開催し、10サークルが自律的な取り組みを発表しました。職場で困っていることをテーマに掲げて解決を提示する等、質の高い活動として定着しつつあります。発表会で共有した他職場の良い事例を各職場に展開し、来年度以降の活動につなげます。

小集団活動発表会 大牟田工場
小集団活動発表会 大牟田工場

岩国大竹工場

2018年3月20日に岩国大竹工場で全122チームの中から選抜された11チームによる小集団活動工場発表会を開催しました。2014年度に「人づくり」「組織づくり」を目的に復活させた小集団活動も4年目となり、自職場および他職場にも配慮した業務削減をテーマとするなど、全体的に活動のレベルが上がっています。この成果の積み上げが、働き方改革、工場の競争力強化につながるものと考えています。

小集団活動発表会 岩国大竹工場
小集団活動発表会 岩国大竹工場

名古屋工場

2018年3月20日に名古屋工場でNEXT活動発表会を開催しました。発表会は、工場内全45チームより選抜された11チームが、業務の生産性向上等をテーマとした活動を報告しました。年々活動のレベルが上がっており、次年度もチームリーダーを中心にメンバーが一体となったボトムアップの活動を工場全体で展開していきます。

小集団活動発表会 名古屋工場
小集団活動発表会 名古屋工場

製造課表彰

製造課表彰は、安全、環境、品質および生産技術に関する活動で優秀な製造課を表彰することで現場を活性化させることを目的としています。この制度は2004年度に開始し、2013年度からは安全成績等以外に、安全への取り組みプロセスにも着目し、製造課の努力、苦労等も評価することにしました。
2017年度は国内外の生産拠点から18件の応募があり、その中から社長賞1件、生産・技術本部長賞7件を選定しました。本体だけでなく、国内外の関係会社も受賞するなどグローバル展開が進んでいます。
なお、上記の表彰に合わせ、工場長賞、本社部長賞も同時に表彰しています。

2017年度 製造課表彰

社長賞
市原工場 製造1部 石化原料課

生産・技術本部長賞
名古屋工場 製造部 用役・環境課
大阪工場 製造2部 電材課
大牟田工場 ファイン製造部 ヘルスケア課
三井化学産資(株) 埼玉事業所
ジャパンコンポジット(株) 清水工場
GRAND SIAM COMPOSITES CO., LTD.(タイ)
MITSUI PHENOLS SINGAPORE PTE. LTD.(シンガポール)

社長賞受賞式の様子(市原工場 製造1部 石化原料課)
社長賞受賞式の様子(市原工場 製造1部 石化原料課)

また、製造課表彰社長賞受賞職場のすぐれたところを見学し、情報交換を行う交流会を行っています。自職場や工場内では得られにくい気付きを得て改善に活かすこと、ライン管理者としての悩みを共有・切磋琢磨し、三井化学グル-プの安全文化を向上させることを目的としており、2015年度から始めて今回で3回目となります。
今回の交流会は、2018年2月に3日間にわたって開催し、6名のライン管理者、スタッフが参加しました。2016年度の社長賞受賞職場(THAI PET RESIN CO., LTD.)において、活動の共有と意見交換を行い、近隣エリアにある当社関係会社のGRAND SIAM COMPOSITES CO., LTD.とMITSUI HYGIENE MATERIALS (THAILAND) CO., LTD.の工場見学も実施しました。

交流会の様子( THAI PET RESIN CO., LTD)

交流会の様子( THAI PET RESIN CO., LTD)

交流会の様子( THAI PET RESIN CO., LTD)

三井化学技術研修センター

当社は2006年10月に工場オペレーターの研修施設として三井化学技術研修センターを茂原に開講しました。また、2007年5月には名古屋にも同センターを設立しました。茂原では主にケミカル系のオペレーター育成を、名古屋では加工系のオペレーター育成を実施し、生産現場力強化を図っています。
開講後10年以上にわたって、研修内容のブラッシュアップを図るとともに、研修対象者やカリキュラムを拡大してきました。また、海外関係会社からも受講生を受け入れ、英語、中国語による研修を実施しています。
さらに2010年には、シンガポールにある関係会社のひとつであるMitsui Phenols Singapore Pte. Ltd.に安全体感設備を設置し、主にシンガポール地区の従業員向け研修を行っています。また、2011年には当社とジョイントベンチャーを設立しているタイのSiamグループに当社の研修設備一式をライセンスし、主にタイの従業員の研修を行う計画です。
このように、国内だけでなく海外においても体験体感型研修展開しており、グループ全体で「安全を中心に運転・設備のすべてに強い、自ら問題を解決できる人材の育成」を推進しています。

三井化学技術研修センター(茂原および名古屋)の当社グループ従業員向け研修実績

研修区分 一人・ 1回当たりの
研修時間
hr/人
受講者数
2016年度 2017年度
三井化学 工場オペレーター向け 入社時 3~14 102 122
フォローアップ(入社半年後) 28 121 142
昇格者(入社3~4年後) 28 75 80
職場リーダー(入社8年以降) 14 53 57
エンジニア向け 入社時 7~14 21 23
入社3~5年後 21 10 18
研究者向け 7~14 109 78
その他 2~7 113 609
国内関係会社従業員向け 2~25 324 212
海外関係会社従業員向け 14 50 54
978 1395

2015年度からは茂原において、これまで社内で取り組んできた体験型研修を社外の皆様にも開放しています。社外開放に伴い、毎年300名を超える社外からの受講生を受け入れています。当社内で実際に起こった事故・トラブル事例をもとに、主に安全を中心とした、「体験型の研修カリキュラム」を今後も積極的に社外に提供し、産業界の生産現場における人材育成に貢献していきます。

三井化学技術研修センターの社外向け研修(茂原)・見学対応(茂原および名古屋)実績

  2016年度 2017年度
研修受講者数 388 344
見学者数 643 695

研修センター茂原

研修センター名古屋

三井化学技術研修センター(茂原および名古屋)