専門分野に限らず
チャレンジし続けることで、
新製品を生み出したい。

I.T.

生産技術研究所
 重合触媒グループ
専攻:化学生命工学
 2008年入社
I.T. 生産技術研究所 重合触媒グループ 専攻:化学生命工学 2008年入社 I.T. 生産技術研究所 重合触媒グループ 専攻:化学生命工学 2008年入社
私の化学式
4つの質問から、
自分自身を構成する「化学式」を
描き出してもらいました。
質問内容
  • Q1:仕事で大切にしていることは?
  • Q2:プライベートで大切にしていることは?
  • Q3:これからの目標を教えてください。
  • Q4:ご自分の個性を一言で言うと?

触媒が与える影響力を実感。
この喜びは研究者ならでは。

私は今とてもやりがいを感じながら、業務と向き合うことができています。それは、ある目的に向けて開発した技術が非常に優れたもので、それがいくつかの製品に対しても有効に使えることがわかってきたからです。この新しい技術によって、既存の製品がより良い性能を付与された新製品として生産できそうとわかり、私のグループだけでなく、社内全体が新製品を市場に送り出すために活発に動いています。技術的なブレークスルーによって製品開発がスムーズになると、一気にプロジェクトが進行する。そうやって、自分の関わった触媒が製品の機能や生産性に大きな影響を与え、実際にプラントを動かしていくことに、研究者としての喜びを実感しています。

触媒が与える影響力を実感。この喜びは研究者ならでは。

幼少期の関心と今までの経験が、
現在の仕事に活かされている。

小さい頃から工作やレゴブロック遊びが大好きで、モノとモノを繋げて新しいカタチをつくることへの関心が高かった私は、大学で化学を専攻しました。学部から大学院へと学びの場を移しながら、有機金属化学、有機化学、高分子化学の分野で研究を続けて、博士号を取得。就職活動では、幅広い分野で使われる製品の研究に携われる三井化学に、自分の今までの経験を活かせるのではないかと思い興味を持ちました。また、入社前に社員と話す機会があったのですが、どの社員も親切に対応してくださり、その誠実さに惹かれて入社を希望しました。

幼少期の関心と今までの経験が、現在の仕事に活かされている。

一つの製品に縛られないことが、
技術の進歩に繋がる。

入社以来、ポリオレフィン製造に関わる触媒開発を担当し、エラストマーや機能性ポリマーなど複数の製品に携わってきました。それぞれ触媒に要求されるものや、やりとりする部署も違ってきますが、異なる分野を幅広く経験させてもらったことが、技術の応用範囲を広げられたことにも繋がっていると思います。基本的に研究の目標や対象製品は決まっていますが、進め方については個人の裁量が大きいので、挑戦する気持ちを大切に取り組んでいます。

お客様の手に製品がわたること。それは研究者として抱き続ける目標。

お客様の手に製品がわたること。
それは研究者として抱き続ける目標。

現在担当している業務はエラストマーの触媒開発です。もう一つの研究所と連携し、新規銘柄開発のための触媒探索を実施することと、新しい触媒の合成も行っています。私の常に目の前にある目標は、自分の開発した技術が生産プラントで使われ、製品というカタチになってお客様の手にわたること。私自身のキャリアを考えると、一人で実験を続けるよりも、まわりを巻き込み、関連する事業部や材料の開発を行う部署の人たちとも協働して、そうした成果を出せるようにしなければいけない時期に来ていると感じます。また専門分野に限らず、これまでとは違った研究テーマや業務など、新しいことにも広くチャレンジしていきたいと思っています。

Time TableI.T.さんの1日

9:00〜10:00
出社、装置立ち上げ、メール確認

家族で朝食をとり、子供を保育園に送るのは夫に任せて出勤します。
通勤時間は本を読んだりする貴重な時間になっています。

10:00〜11:00
実験開始(反応開始)

新規反応の場合は、事前に安全面のチェックを受けてから取りかかります。

11:00〜12:00
文献調査

論文だけでなく、特許の調査も行います。

12:00〜13:00
お昼休み
13:00〜14:00
反応チェック、試薬を添加
14:00〜16:00
デスクワーク

実験結果をまとめて資料を作成し、他部署との打合せの準備をします。

16:00〜17:40
終夜で反応を継続するため装置を準備、後片付け
17:40
帰社

必要な時は懇親会に参加したり、社内外の出張にも行きますが、基本的には定時で帰社できるよう実験計画を立て実行するようにしています。

Private

Private

休日に子供と外で遊んでいた時の写真です。ボール遊びをしていたつもりが、いつの間にか石拾いに夢中になっていたり、予想もつかない遊びをするので見ていて面白いです。

Private

入社時から会社内のテニス部に入っています。チームで実業団の関東大会に出場したこともあるんですよ。社内の人だけでなく、近隣企業のテニス部とも試合や練習会で交流できるので楽しいですね。