Mitsui Chemicals

次世代事業/新事業開発

日本語 English

境界・外縁領域のソリューション事業を創出

2025長期経営計画で新たにターゲット事業領域に加わった「新事業・次世代事業」では、
三井化学グループの「ナレッジ」を基に、新たな可能性に挑みます。
10年後、20年後の未来に大きな花を咲かせるため、我々のタネ蒔きは、既にスタートしています。

事業ビジョン

次世代事業領域の使命

次世代事業の使命は、オープンイノベーションにより、成長3領域の新事業、ならびにこれら3領域の境界・外縁領域のソリューション事業を創出することです。各事業本部、新ヘルスケア事業開発室、新モビリティ事業開発室、次世代事業開発室、ロボット材料事業開発室がそれぞれ連携しながら、各施策を進めます。
その一翼を担う次世代事業開発室のミッションは、「新しいビジネスモデルへの挑戦」。その方針は「着眼大局、着手小局」であり、当社グループの「ナレッジ」を売るという新しいビジネスモデル作りに挑んでいます。今注力している、アグリ、IoT、エネルギーおよびメディカルの4分野で進んでいるプロジェクトは全て、ベンチャーや大学等、外部との接点によって生まれたもの。また、同室のコーポレートベンチャリンググループでは、情報と材料の融合による新しい診断・ソリューション事業創出を中心に、オープンイノベーションによるビジネス拡大を推進しています。

戦略製品ラインナップ

新ヘルスケア事業開発室

ヘルスケア分野において、新規製品の開発で次世代事業の創出とビジネスモデルを構築しQuality of Life向上に貢献します。

睡眠時無呼吸症候群用マウスピース

Whole You

TouchFocus(タッチフォーカス

ワンタッチで遠近を瞬時に切り替えられる、次世代アイウェア

新モビリティ事業開発室

重点市場である自動車分野において、総合力を駆使し全社横断マーケティング活動を推進します。
最重要セグメントであるモビリティ領域において、金属樹脂一体成型品事業「ポリメタック」及び次世代LiB事業などの新事業創出も進めています。

マルチマテリアル対応・複合化

ソリューション提供の事業化

  • 金型等ソリューション事業
  • 電池材料
  • 異種材料接合部材
次世代事業開発室

経営環境が激変する中、スピーディな事業・収益の拡大及び企業価値向上を図るため、新しい市場領域における次世代大型事業を創出します。

エネルギーソリューション事業

アグリソリューション事業

  • 節資源型作物栽培システムiCAST

(コーポレートベンチャリング)

ロボット材料事業開発室

労働人口の減少や高齢化の問題を解決するための手段のひとつとして、注目されているのがロボットです。
更なる市場拡大が見込まれるロボット材料分野での新事業創出やビジネスモデルを構築します。

事業部

新ヘルスケア事業開発室
新モビリティ事業開発室
次世代事業開発室
ロボット材料事業開発室

2025年度の目標

営業利益250億円(他ターゲット事業領域の新事業含む)

アグリソリューション
農業用作物栽培システムiCAST®実証試験を実施

世界的な食料不足、水不足のなかで、水の少ない地域で農業をするニーズが高まっており、世界の耕地面積15億haのうち約25%でスプリンクラー、点滴灌漑等の灌漑農業が行われています。
iCAST®は従来の灌漑農法とは異なり、植物が生育に必要とする水・栄養・空気を植物の好きなときに好きなだけ供給できる新しい栽培システムです。従来法に比べ、節水効果が30~50%、収穫量・品質の向上が1.3~1.5倍であることがアメリカやオーストラリアの圃場での実証試験で確認されました。2018年4月より現地の大規模農家での実証試験を開始し、顧客ニーズの獲得と現地での普及活動に取り組んでいます。

農業用作物栽培システムiCAST®実証試験を実施
IoTソリューション
次世代ディスプレイ材料「圧電ライン」の開発

圧電ラインは有機圧電材料を用いた、必要な長さに「切って、貼って、測る」ことのできるフレキシブルで高感度な圧電センサです。極細(φ0.4mm)の同軸線形状のため、従来のセラミックセンサでは難しい凹凸形状や広い面積に設置でき、今までにない用途への展開が可能となりました。高感度で非焦電性(温度変化の影響を受けない)であることから、基材の僅かな歪みやバイタルデータの測定に適しています。椅子の座面やベッドの下面に使用すると呼吸や脈拍のモニターができるため、介護施設での高齢者の見守り等の社会実装に向けて多くのお客様と検証を進めています。
2017年10月には、「CEATEC AWARD 2017」コネクテッドインダストリーズ部門で準グランプリを受賞しました。

次世代ディスプレイ材料「圧電ライン」の開発
エネルギーソリューション
太陽光発電の診断ビジネス

きっかけは、10年以上封止材に携わった社員が、巷の太陽光パネルを見て「20年もつのか」と耐久性に疑問を抱いたこと。三井化学東セロ(株)で25年以上製造・販売している太陽光パネル用封止材の劣化予測技術を用い、パネルの寿命を予測できるのが最大の強みです。さらに共同事業者として開発・運営する「たはらソーラー・ウインド発電所」での経験、茂原分工場や袖ケ浦センターの試験用発電所でのデータ蓄積のほか、ファンドと連携して全国の発電所の発電量データを共有し、精度よく発電量予測ができるようになりました。最近増加しているバッテリーを併設した太陽光発電所についても対応が可能です。今後は伸長著しいアジアへ、そして世界へ、サービスを広げていきます。

太陽光発電の診断ビジネス
メディカルソリューション
敗血症起因菌迅速同定システム

死亡率の高い細菌感染症である敗血症。世界で年間2,000万人~3,000万人が発症し、そのうち1,000万人が亡くなっていると言われています。患者さんの救命率を向上させるためには、敗血症の原因となる細菌(起因菌)を一刻も早く同定することが求められます。この問題を解決するために当社グループが富山大学と共同開発しているのが、現在2〜3日かかるところ、採血から約5時間で敗血症起因菌を同定できるという世界初の画期的なシステムです。複数の医療機関で実証試験を行いながら2019年に国内での薬事申請を目指すと共に、海外への展開も進めています。

Rapid Identification System for Sepsis-Causing Bacteria

*1北海道三井化学(株)

*2遺伝子実験経験者で3サンプルの場合

Singapore International Infectious Disease Conference(SIIDC)においてセミナーを開催

2017年8月、当社はシンガポール国際感染症学会で敗血症起因菌迅速同定システムのセミナーを開催しました。富山大学附属病院の仁井見英樹先生が当システムの技術説明と同院における臨床研究結果を、埼玉県立小児医療センターの上島洋二先生から、当システムの乳幼児の重度感染症に対する臨床研究結果がそれぞれ報告されました。発表中、驚きの声が上がる等、参加者と海外の医師から当システムに対する高い関心を得ることができました。

Held a Seminar at SIIDC

TOPICS

(株)リバネスとの提携

当社は技術系ベンチャーのアクセラレーターである(株)リバネスやベンチャーキャピタルと協業して、社会課題を解決するスタートアップとのオープンイノベーションを推進しています。国内外の多くのスタートアップと直接交流し、当社の資源である材料、ノウハウ、分析技術・生産設備・販売ネットワークを活用し、共同開発や、CVC(コーポレートベンチャーキャピタル)による出資を通じ社会実装を加速しています。

(株)リバネスとの提携
マイクロ波化学(株)との提携

マイクロ波化学(株)は電子レンジにも使われているマイクロ波を活用して高効率のプロセスや高機能製品を開発している大阪大学発のベンチャー企業です。当社は同社と提携し、新規化学プロセスの共同開発および新事業の創出に取り組んでいます。

マイクロ波化学(株)との提携