各研究所では、多彩なバックボーンを持つ研究者が「顧客起点のイノベーション」のために励んでいます。

三井化学グループの製品を構成する技術は多岐に渡ります。多様な顧客ニーズに素早く応えられるよう、これら多彩な技術をそれぞれの研究所ごとに集約し、効率的な技術の強化・深耕を推進しています。

合成化学品研究所

多彩な有機合成を駆使し新しい機能を提案

全ての物質は分子からできています。多彩な化学製品を扱う三井化学にとって、狙った構造を持つ分子の設計・合成は製品設計の根幹をなす重要なコア技術の一つです。合成化学品研究所では通常の有機合成に加えてヘテロ原子を含む特殊な合成、酵素触媒などのバイオ的手法など、多彩な合成技術を駆使して欲しい分子構造を作る技術を日々進化させています。

これらの技術は高屈折率なメガネレンズモノマーなど特徴のある機能化学品の開発やロボット用の外装材料など精密に物性を制御された発泡ウレタン材料の開発などに活かされています。

主要拠点

袖ケ浦センター大牟田工場茂原分工場

TOPICS

高分子材料研究所

狙った材料を作り出す高い技術力で機能性高分子の創出に貢献

高分子材料は食品包装から最新のIT機器まで、いまや日常生活に欠くことのできない材料です。そんな身近な材料である高分子材料ですが、狙った性能を発現させるためにはミクロな分子構造の設計からその作り方、成分ごとの混ぜ合わせ方まで膨大なパラメーターを高度に制御する必要があり、高い技術とノウハウを必要とする材料でもあります。

この難しさに挑戦し、世の中に新しい価値を創出するのが高分子材料研究所のミッションです。長年蓄積してきたこれら高分子材料の設計・合成・コンパウンドに関する一連の技術は、自動車用からIT機器まで様々な用途に向けた機能性高分子材料の開発や技術サービスの提供に活かされ、今日も新しい顧客価値を実現しています。

主要拠点

袖ケ浦センター市原工場

TOPICS

機能材料研究所

高分子材料に形を与え、さらなる価値を生み出す、高分子加工のプロ集団

材料にカタチを与えると新たな価値が生まれます。例えば同じ材料であっても、形状を変える「加工」の技術により、食品包材をはじめとした生活資材から、最新のIT機器まで幅広い用途で使用できるようになります。こうした「加工」の技術は、材料の可能性を広げる重要な役割を担っています。

機能材料研究所では高分子材料をフィルム状にしたり、不織布状にしたりといった加工技術を進化させることにより、材料の新たな価値を創出することに挑戦しています。これらの技術はきちんと密閉できるけれども開けやすい食品包装用のフィルムや、快適で肌触りの良いおむつ用の不織布などに応用されています。

主要拠点

袖ケ浦センター名古屋工場

TOPICS

生産技術研究所

世界に価値を届けるため、製品を「作る」技術を磨く

三井化学はモノづくりの会社です。どんなに素晴らしい研究成果も、お客様に製品として届かなければ価値がありません。生産技術研究所ではまさにこの「モノづくり」の技術を長年にわたって磨き上げています。

今ある製品をより効率的に作るにはどうすればよいか、新しい製品を一から作るには何が必要か、そういったモノづくりに関わる一つ一つのステップを、長年蓄積してきた豊富な知見に加え、シミュレーションなど最新のコンピューター技術も取り入れながら解決し、三井化学製品の量産化を支えています。

主要拠点

袖ケ浦センター岩国大竹工場大阪工場大牟田工場

TOPICS

モビリティデベロップメントセンター

材料提案のその先へ。創って魅せる、新たなスタイルを提案。

三井化学は今、お客様や社会の要望にいち早く応えるため、新しいアプローチで研究開発を加速させることにチャレンジしています。その先駆けとして2016年に設立したのがモビリティデベロップメントセンターです。

ここでは「創って魅せる」を合言葉に、従来の材料提案型の研究開発から一歩踏み込み、部品・部材の設計や試作・評価まで一貫してお客様に寄り添い、より効果的に製品価値を実現できるよう新たな技術の獲得に取り組んでいます。

主要拠点

袖ケ浦センター、デザイン&ソリューションセンター

TOPICS