知的財産

三井化学グループの知的財産価値の拡大と活用に向けて

三井化学グループでは、さらなる成長をめざし、個々の事業戦略のゴールを起点として、技術戦略と一体となって持続的競争優位を実現する知的財産(特許、秘匿ノウハウ、契約上の権利、ブランド等)のベスト・ミックスの設計、獲得とその戦略的活用を図る知的財産戦略を策定し、これを精力的に推進しています。同時に、他者の有効な知的財産権を尊重し、適切な対応を確実に図っています。

三井化学グループが保有する知的財産の活用に於いては、自社で独占的に利用するだけでなく、様々なビジネス・パートナーとの新たな価値とビジネスの協創に役立てることにも積極的に取り組んでいます。

※ 三井化学グループ保有の知的財産に関して ライセンスをはじめとする提携の可能性につき ご関心がある方は、窓口までお気軽にご相談ください。ご要望に真摯に対応致します。検討に際して事前に適切な秘密保持契約を結ばせて戴くことがございますので、ご了承ください。

知的財産戦略

当社グループは、知的財産を、特許・秘匿ノウハウ・実用新案・意匠・ブランド(商標)・著作権に、契約上の権利、営業秘密等を含めた事業に資する無形資産として広く捉え、これら保有する知的財産のベストミックスを戦略的に活用することが重要と考えています。
2025長期経営計画の基本戦略である、(1)顧客起点イノベーションの推進・ソリューション提案力の強化、(2)海外生産・販路の強化による海外市場への展開加速、(3)IoT、AI等の先進技術を活用した次世代工場構築・合理化による既存事業の競争力強化に基づき、他社との競争に勝つための知的財産の取得・活用の方針(出願戦略)をあらためて見直し、事業部門/研究開発部門/生産技術部門、さらにグループ内外の関係部署とも緊密に連携して、知的財産を活用した事業機会の最大化と知的財産に起因する事業リスクの最小化に取り組んでいます。

知財戦略フレームワーク

知財ポートフォリオの変革

顧客起点の事業戦略を実現するため、
 ①既存の基盤事業領域では「事業買収・提携を含めた、成熟期からの知財競争力の再構築」、
 ②新製品を含む成長を牽引する事業領域では「用途特許を含めた、ソリューション型ビジネスを目指した知財権の獲得」、
 ③次世代事業開発領域では「製品の構成要素・各工程を含めた部品部材事業までを見据えた知財権の獲得」
を基本的な考えとし、各々の製品・プロセスの特性、市場の成熟度、製品ライフサイクルの各段階に適した知財ポートフォリオを構築・強化します。

排他力の高い特許網の構築

当社と主要関係会社が有効に権利保有している国内外の特許ファミリーは、過去10年間、約3,800ファミリー前後で安定的に推移しており、特許の質の指標と捉えることのできる高注目度特許保有割合、登録査定率等は競合優位にあるものと考えています。しかしながら、今後、既存の基盤素材領域の維持拡大、成長を牽引するモビリティ、ヘルスケア、フード&パッケージングの事業領域の拡大発展に加え、次世代を視野に取り組んでいる新事業開発を強力に推進するにあたり、さらに緻密で排他力の高い特許網の構築を目指し、特許をはじめとする知的財産の高い質を維持しながら、さらに量的な拡大・充実を目指しています。

三井化学グループの知財基盤の強化

上述の知財戦略の実行のため、①高い知財マインド/知財スキルを持った人材育成の強化・支援、②化学系に限らない知財担当即戦力人材の獲得、③アウトソーシング推進と知財部業務の戦略策定・実行への重点化/抵触性判断・障害クリアランス・契約マネジメントの強化(知財コンサル型への転換)、④工場を含む「現場」担当の知財要員の充実による発明発掘の促進、⑤ビッグデータ等解析活用のためのAIツールの導入検討、等の施策のもと、当社グループの知財基盤の強化に取り組んでいます。