環境・社会貢献の見える化

Blue Value®とRose Valueの設定

目指す未来社会の姿「環境と調和した共生社会」、「健康・安心な長寿社会」の実現のため、当社グループが提供する製品・サービスの環境や社会への貢献を見える化し、その価値をステークホルダーの皆様と共有できるようにしたのが、Blue Value®とRose Valueです。
独自指標である環境影響評価指標「Blue Value® Index」と、QOL向上評価指標「Rose Value Index」を用いて、製品・サービスを用途別に評価し、環境貢献価値、QOL向上貢献価値の高いものをそれぞれBlue Value®製品、Rose Value製品として認定しています。

Blue Value®、Rose Valueチェーンを通じた価値の提供

特長

  • 事業活動を通じた環境・社会への貢献を見える化
  • 製品ライフサイクルの各ステージにおいて用途別に貢献要素をチェック
  • 貢献価値の高い製品・サービスを開発・提供し、ステークホルダーと共有
  • “Blue Value® & Rose Valueチェーン”を構築することで、目指す未来社会の実現を目指す

審査・認定プロセス

提案者は、Blue Value®、Rose Value候補製品・サービスについて、それぞれのIndexにて事前評価を実施し、事務局に提案します。審査会では、貢献性があると考える項目の判定根拠について、対象製品のコンセプトやセールスポイントと貢献項目との関連性や、貢献の優位性やレベルなどに関する審議を行い、基準を満たすものを認定します。正当性、客観性重視の認定を行うため、評価方法や審査基準については、第三者からのアドバイスを受けて設計し、また、各審査内容についてもご確認いただいています。

KPIの設定

2025長期経営計画では、Blue Value®製品、Rose Value製品の売上高比率をKPIのひとつとして定めました。また、その進捗状況をESG推進委員会にて議論し、事業戦略に結び付けています。
認定製品の売上高比率の拡大は、当社グループが目指す未来社会の実現に向かって着実に進んでいることを示します。この取り組みを通じて、持続可能な開発目標(SDGs)等の社会課題へのソリューションを提供し、当社グループと社会の持続可能な発展を目指します。

2025長期経営計画 環境・社会軸目標

Blue Value®製品、Rose Value製品の売上高比率

  • Get Adobe Acrobat Reader

    最新のAdobe Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。