教育

教育

WSSD目標の確実な実行には、サプライチェーンを通じたリスク管理の取り組みが必要です。具体的には、購買・調達と製品開発時の情報収集、上市前と上市後の各国法の要求への対応(法対応)とリスク評価に基づいたリスク管理、顧客への安全性情報の提供が欠かせません。三井化学のプロダクトスチュワードシップを支えるのは、社員一人ひとりです。社員教育を通じて、法令遵守と正しく製品を取り扱う知識を身につけ、サプライチェーンを通じて共有することによって、人の健康と環境を守る企業文化を確立します。

三井化学の化学品安全管理の教育は、次のコースから構成されています。

  1. 全社員向けのe-ラーニング
  2. 購買、研究・開発、営業担当者を中心とした基礎セミナーコース
  3. 個別課題についてのアドバンスコース

e-ラーニングは全社員必須で、以下に関する基礎知識と相談先を知ることを目的としています。e-ラーニングの受講実績は、当社の教育システムにより管理されています。

  • 製品リスクアセスメント
  • 上市前にすべき法対応
  • SDSやラベル等の安全性情報の提供
  • 上市後の継続的管理

基礎セミナーコースは、化学品安全管理に携わる実務者に知ってもらいたい内容を教育しています。2018年度の教育項目は次の通りです。

  • 製品設計段階での製品含有化学物質調査の重要性
  • 製品含有化学物質の特定/製品情報調査
  • 法対応(上市前・上市後)
  • 製品リスクアセスメント
  • 安全性情報(SDS・ラベル)の提供

製品含有化学物質の特定/製品情報調査については、基礎セミナーと別に、情報調査ツールの実習会を実施しました。実施内容は次の通りです。

  • 国内および事業(製造、輸出)を予定している外国・地域の法規制調査
  • 三井化学の管理対象物質の調査

アドバンスコースは、食品包装材のように製品や用途ごとに特有で必要となる知識を身につけてもらうことを目的としています。対象の製品や用途に関わる担当者を対象として開催しています。

これらとは別に、化学品安全センターは、購買・調達部門、事業部門、研究開発部門、システム部門等のRC担当者を対象に、月例ミーティングで以下の内容を周知し、レベル合わせと実施の確認と支援を行っています。RC担当者は各自の部署でその内容を展開し、化学品安全センターに対応状況を報告しています。

  • 化学品安全管理に関わる世界的な規制強化の情報と当社としてのそれへの対応計画
  • 定期的に必要となる届出の当社としての方針や日程など
  • Get Adobe Acrobat Reader

    最新のAdobe Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。