マネジメントシステム イニシアティブの支持

三井化学グループは、ESGを経営の中核に据えたサステナビリティマネジメントで、社会と当社グループの持続可能な発展を目指していきます。

マネジメントシステム

方針

SDGsをはじめとする社会課題解決への取り組みが加速し、企業への要請が高まっています。その中で化学産業は社会の基盤と革新を担う存在であり、グローバルな社会課題の解決に向けて大きな責任を持っていると認識しています。
当社グループは、ESGの視点で「ビジネス機会を探索して新たな社会価値を創造すること」そして「当社グループの将来リスクを認識・対処し、企業として社会的責任を果たすこと」が、三井化学グループのサステナビリティであると考えています。この考え方に沿って、社会と当社グループの持続可能な発展を目指していきます。

体制・責任者

責任者はESG推進委員会担当役員です。
ESGを経営の中核的なテーマとして、取締役会やESG推進委員会等で方向性を討議し、各部門の戦略への落とし込みを進めています。また、2025長期経営計画の環境・社会軸目標や、重要課題(マテリアリティ)の進捗管理もこの体制の中で行っています。

サステナビリティマネジメント体制

サステナビリティマネジメント体制

ESG推進委員会

当社は社会的要請にこたえ、ESGに関する取り組みをよりいっそう高めるため、2018年6月、CSR委員会をESG推進委員会に改組しました。本委員会の役割は、次のとおりです。

  • 当社グループのESG推進に関する方針・戦略・計画・施策の審議
  • 各個別委員会(レスポンシブル・ケア委員会、リスク・コンプライアンス委員会)の重点課題、強化・改善の方向性の明確化
  • 当社グループにおけるESG推進の実績評価および社内周知
  • その他ESG推進に関する重要事項の検討

本委員会は、原則として毎年2回開催することとしています。
なお、ESG推進に関する新たな重要項目の検討や施策立案等が必要となった場合は、本委員会の委員長が当該項目を担当する分科会を設置することとしています。

本委員会の審議結果および活動実績は経営会議に報告しています。また、特に重要な事項については、経営会議の承認を得ています。

ESG推進委員会の構成

委員長 社長
副委員長 ESG推進委員会担当役員
委員 役付執行役員、各事業本部長、研究開発本部長、生産・技術本部長、経営企画部長、人事部長、RC・品質保証部長、総務・法務部長、コーポレートコミュニケーション部長、ESG推進室長、委員長が指名する者
事務局 ESG推進室

常勤監査役は、必要に応じ本委員会に出席し、意見を述べることができる。

委員長は、審議内容に関係のある執行役員や部長を出席させ、その説明または意見を求めることができる。

振り返り・課題

当社グループは、これまで進めてきた経済・環境・社会の3軸経営を深化させ、ESGを中核に据えた経営を行っていくために、2018年4月にESG推進室を新設しました。今後、ESGの要素を経営や事業戦略に組み込むとともに、ステークホルダーの皆様に向けたESG情報開示を強化していきます。

持続可能な成長を目指したESG推進の取り組み

ESG要素の経営/戦略への組み込み

  • 取締役会・全社戦略会議における戦略討議と経営への反映
  • 事業・R&Dを巻き込んだ事業創出とイノベーション促進

ESG情報開示力の強化

  • 投資機関・顧客・ESG評価機関等への訴求力向上
  • ESG対話の強化
  • Get Adobe Acrobat Reader

    最新のAdobe Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。